ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHK受信料訪問の断り方「NHKは見ない」はNGワード

受信契約を結ばずにNHK受信料を払わないでいると、NHK訪問員が繰り返し訪ねてくることになります。NHK訪問員のなかには、強引な手口で受信契約を迫る人もいて、各地でトラブルの報告があるようです。それでは、別名「集金人」とも呼ばれるNHK訪問員にNHK受信料を迫られたとき、どう対応するのがよいのでしょう。NHK受信料の断り方にはNGワードがあるのでした。


NHK受信料の断り方で「NHKは見ない」はNGワード

NHK受信料訪問の断り方は会わないが一番

街中をひすら巡り、NHK受信料のために新規契約をとりつける仕事は「契約・収納業務」と呼ばれ、現在はNHKから民間委託された会社が行う割合が約8割です。しかし、委託会社によりNHK訪問員の質にばらつきがあり、強引に受信契約を迫られたり、訴えると裁判をちらつかされたりという話を聞いたことがあるでしょう。

もし、家を訪れたNHK訪問員に強引にNHK受信料の支払いを迫られた場合、NHK受信料の断り方はどうすればよいのでしょうか。ここでNHK受信料の断り方で重要なのは、NHK訪問員は訪問先の個人情報を一部の例外を除き持っていないという点です。つまり、正しい住所やNHKとの契約情報、さらにはテレビ設置の有無を知りません。

そのため、訪問員が訪ねてきた際のNHK受信料の断り方は対面で「会わない」ことが一番です。NHK受信料の断り方は居留守でもかまいません。なかには、会わないといっているのに強引に家に上がり込もうとするNHK訪問員も存在するようですが「帰って下さい」を繰り返せばNHK受信料の断り方は問題なし。万が一、それでも家に居座るようであれば、不退去罪となります。

NHK受信料訪問の断り方でテレビ所有判明

また、あまりにもしつこいNHK訪問員の場合は、名刺などで委託会社名を確認の上、その会社やNHKへクレームを申し立てるというのもNHK受信料の断り方も手です。その場で強引に結ばされた契約は、無効になる可能性も出てくるため、NHKや委託会社側もそれなりの対処が求められます。

居留守に耐え切れず訪問員に対面で応対してしまったときも、NHK受信料の断り方には注意が必要です。NHK訪問員へ「NHKの番組はつまらない」「NHKは見ない」と答えるのはNGワード。テレビ所有を匂わせるNHK受信料の断り方は禁物なのです。

放送法に「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」と定められています。「NHKは見ない」というNHK受信料の断り方では、「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した」ことを告白しているようなものです。

とはいえ、NHK受信料の断り方で「テレビを持っていない」という虚偽の応答も避けたいところでしょう。対面では余計なことを言わず「お帰り下さい」とだけ伝えるのがNHK受信料の断り方としては最善なのです。


NHK受信料訪問の断り方のやり取りを記録

こうしたNHK受信料の断り方は、NHK集金人が携帯する端末を通じて、NHK営業システムへ逐一記録されます。そのため「NHKを見ない」と一旦、NHK受信料の断り方をしながら後日契約すると、最初に断った時点からNHKテレビを視聴可能と判断され、さかのぼってNHK受信料を請求されるため危険なのです。

NHK受信料の断り方として、もっともスマートなのがテレビ自体を所有せずに「NHKが映るテレビがない」と言ってしまうことです。地上波放送やBS放送用のアンテナを撤去してしまい、テレビをゲーム機専用やスカパー!プレミアムの視聴専用にしてしまうケースもNHK受信料の断り方は同様になります。

当然ながら、NHK受信料の断り方を使うとNHKだけでなく民放のテレビ放送も視聴不可能になりますが、受信契約を結ぶ理由自体がなくなります。逆にいえば、NHK受信料の断り方で確実な方法は、無料のテレビ放送を一切見ない覚悟が必要といえるでしょう。

NHK受信料訪問の断り方の前に料金を知る

NHK受信料の断り方をマスターする前に、そもそもNHK受信料がいくらかかるものなのか、把握しておかなければなりません。まずはNHK受信料の契約は世帯ごとです。世帯ごとのNHK受信料一覧を確認しておきましょう。

NHK受信料は2か月払いが基本です。NHK受信料は地上契約の継続振込で2か月2550円、月にすると1275円となります。一方で、NHK受信料の衛星契約は継続振込で2か月で4440円、月にすると2220円です。

すなわち、NHK受信料は地上契約と衛星契約とでは、それぞれ月額で1275円と2220円と、2倍もの差があるということ。NHK受信料の断り方に失敗したとしても、何としても地上契約までとどめておきたいところでしょう。

NHK受信料一覧

契約種別 支払方法 月額 2か月払額
衛星契約 ・口座振替/クレカ継続払 2,170円 4,340円
・継続振込 2,220円 4,440円
地上契約 ・口座振替/クレカ継続払 1,225円 2,450円
・継続振込 1,275円 2,550円

NHK受信料訪問の断り方で正当な方法とは

正しいNHK受信料の断り方には、地デジやBS放送を受信できる設備を撤去する必要があります。例えば、直接受信でテレビを視聴している場合は「アンテナを撤去」あるいは「テレビチューナーがない状態」にしなくてはなりません。ワンセグが映るカーナビやスマホも処分する必要があります。

NHKは、ケーブルテレビやインターネット経由のテレビ配信サービス・ひかりTVからも契約・視聴ができます。このため、ケーブルテレビやひかりTVを利用していると、正しい正しいNHK受信料の断り方はできません。

なお、正当なNHK受信料の断り方するには、NHKに限らず民放のテレビ番組も受信できなくなることを覚悟する必要があります。また、BSアンテナを撤去して地上波用のアンテナを残すケースでは、NHK受信料を衛星契約から地上契約へ切り替えることが可能です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事