ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

MINI(ミニ)の隠しコマンドでメーターテスト

2000年に生産終了した「ローバーミニ」に替わり、2001年からローバーを傘下に収めたBMWが「ミニ」を発売しています。軽自動車より小さかったローバーミニに比べ、BMW・ミニはかなり大型化しました。そんなMINIに搭載されたのが隠しコマンド。警告灯の全点灯などメーターパネルのテストができます。


スポンサーリンク
MINI(ミニ)の隠しコマンドでメーターテスト

MINIの隠しコマンドはボタン長押し

MINIは愛らしさがウケてか、レンタカーの車種として登録されているところもあります(ウインカーとワイパーのレバーの位置が国産車と逆で、かなり戸惑うが…)。そんな、MINIの隠しコマンドによるテストメニューへの入り方です。

さっそく、MINIの隠しコマンドを紹介しましょう。キーを挿し込み、しばらく待つと液晶モニターが表示されます。ここで、タコメーターにあるトリップリセットボタンを長押しすると「01__VIN」と表示が出るのです。

さらに、しばらく待つと正方形のディスプレイに「01.00」と出て、その下のディスプレイに「VIN ###*****(###は英字、*****は数字)」が表示。これがMINIの車体番号になります。

MINIのテストメニューのロック解除

再びトリップリセットボタンを長押しすると「01__VIN」と表示されるので、ここでリセットボタンの短押しでテストメニューを切り替え。「02__IP TEST」を選択するとメーターパネルテストが開始するのです。警告灯の全点灯や針が最大値まで行って戻ったりします。

また「19__」にテストメニューを切り替えると「LOCK:ON CODE:00」という表示が出現。ここで「CODE」が車体番号の5ケタの各数字を合計した数字になるまでリセットボタンを短くプッシュします。例えば「19501」なら「1+9+5+0+1=16」です。

そして、表示が「LOCK:ON CODE:16」となったらリセットボタンを長押し。するとテストメニューのロックが解除されて、さらに細かくMINIのテストメニューを切り替えることができるようになるのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事