ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スターウォーズDVDの隠しコマンドで現れる映像

DVDやブルーレイといった市販の映像ソフトで楽しみなのが「隠しコマンド」で視聴できるようになる隠し映像でしょう。DVDやブルーレイの隠しコマンドによる映像は、決められた場面で特定のコマンドを入力することで見られるようになるセル版だけの隠し特典。ここでは『スターウォーズ』DVDの隠しコマンドを見ていきます。


スターウォーズDVDの隠しコマンドで現れる映像

スターウォーズDVDは隠し特典が恒例

映画やドラマのブルーレイ・DVD作品では、未公開シーンや監督・キャスト・スタッフのインタビュー、撮影風景などのメイキング映像が収録されていることがあります。毎回、隠しコマンドが恒例となっている作品もあり、例えば『スターウォーズ』シリーズのDVDには、エピソード1~6まで全作品に隠しコマンドが用意されています。

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』DVDは、Disc1で再生直後に表示される「WARNING」の画面で1・2・3のいずれかの数字を押すと、通常ランダムで表示される3種類のタイトル画面を自由に選択可能。また、メニュー画面で「音声・字幕メニュー」を表示し、数字キーで11(1+1)→3→8と続けて入力すると、DVD盤制作クレジットとNG集が再生できます。

Disc2で「削除されたシーン」→「レース直前のシークエンス・コンプリート版」でカーソルを「削除されたシーン&メイキングメニュー」に合わせて右を押すと、小さな四角形にカーソルが移動。ここで決定を押すと、隠し特典の「ビハインド・ザ・シーン」が再生可能です。

DVDの隠しコマンドでNG集を再生する

さらに「削除されたシーン」→「ポッドレース2周目エクステンション版」で上記と同じ隠しコマンドで、別の「ビハインド・ザ・シーン」が再生されます。

また「アニマティクス&スチル・ギャラリー」を選択し、しばらくそのままにしておくと、ワトーが出現。「トレーラー」から「TVスポットへ」を選択し、しばらくそのままにしておくと、ダース・シディアスが現れます。

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』DVDでも、エピソード1と同様にDisc1で再生直後の「WARNING」画面でタイトル画面選択の隠しコマンドが有効。DVD盤製作クレジットとNG集が再生される「11(1+1)→3→8」の隠しコマンドも同じです。

Disc2では「デックス・キッチン&スチル・ギャラリー」→「デックス・キッチンへ」でカーソルを「メイン・メニュー」に合わせて左を押すと、キッチンの奥にある小さな張り紙にカーソルが合います。ここで決定を押すと隠し映像の「スター・ウォーズ:掲示板広告 カレッジ・キャンペーン」を見られるのです。


スターウォーズDVD共通の隠しコマンド

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』DVDでも、Disc1で再生直後の「WARNING」画面で3種類のタイトル画面の選択できる隠しコマンドが使用可能。メニュー画面の「音声・字幕メニュー」で11(1+1)→3→8と入力すると、DVD盤製作クレジットとヒップホップ・ヨーダのショート・ムービーが再生されます。

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のリミテッド・エディションDVDでは、本編Discで「WARNING」画面の隠しコマンドが有効です。

さらに、特典Discで「ゲーム映像集&スティル・ギャラリー」に移動し、「メイン・メニュー」にカーソルを合わせ、数字キーで11(1+1)→3→8と入力すると、DVD盤製作クレジットとNG集が再生されます。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のリミテッド・エディションDVDと『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のリミテッド・エディションDVDの本編Discでも「WARNING」画面のタイトル画面選択の隠しコマンドが共通で使えます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事