ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

車のナンバープレートから住所は分かるものか?

ネットにアップされる車の写真や映像では、ナンバープレートの部分を加工するのがマナーのようになっています。車のナンバーから持ち主が特定されるのを避けるための配慮ですが、実際には自動車ナンバーだけで一般人が持ち主を探すことは非常に難しいのが現状です。


車のナンバープレートから住所は分かるものか?

車のナンバーで住所が請求できた

かつては、自動車のナンバーさえ分かれば、陸運事務所で簡単に持ち主の住所がわかる仕組みでした。車検証に書かれた内容をそのまま写した「登録事項等証明書」という書類を陸運事務所は発行していて、自動車のナンバーだけで請求可能でした。

また、登録事項等証明書を取る際に請求理由を書かされることもなく、発行手数料も数百円程度。誰でも法務局で登記簿を見れば土地・家屋の持ち主が分かるように、手軽な手続きで自動車の持ち主がわかりました。

しかし、個人情報保護の観点から制度が変わり、2007年11月19日以降は登録事項等証明書を発行する場合、自動車のナンバーに加え「車台番号」が分からないと行えない仕組みになっています。

車台番号とは自動車メーカーが製造時に付けるシリアルナンバーで、これがない自動車は車検を受けることができません。車台番号のある位置は車種により異なりますが、ボンネット内やシート下などに打刻したり金属プレートを貼るなどして記載します。

車のナンバーで住所請求できる例外

持ち主に無断で自動車のボンネットを開けたり、シートを外すことはほぼ不可能。つまり、登録事項等証明書を入手するには持ち主の了解がないとダメ…という話になり、自動車ナンバーから持ち主を割り出す目的では使えないことになります。

ただし、自動車ナンバーだけで登録事項等証明書を請求できる例外もあります。それは、私有地内に放置された自動車の持ち主を確認する場合です。何日も無断駐車されて迷惑な場合、その場所の図面と自動車の写真を用意すれば登録事項等証明書が発行できます。

とはいえ、駐車場で当て逃げされ監視カメラにナンバーが写っていた場合など、何としても相手を突き止めたいと思うケースはあるでしょう。そうした場合、どうすればいいのでしょう。

答えは「警察へ通報する」ことです。警察といえども、勝手に車検証の内容について照会できません。しかし、警察官が現場を確認のうえ事故証明書が発行されれば、正当な手続きを踏むことにより車のナンバーから相手を突き止めてくれるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事