ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

年末年始も使える北海道のETC乗り放題プラン

ETC限定で高速道路が乗り放題となるプランは、ほとんどが年末年始に使えなくなってしまいます。しかし、NEXCO東日本が発売中の北海道内対象のETC乗り放題プランは、1月1日を含めて利用することができます。道東・道南・道北の3プランが用意されているので、うまく活用すれば年末年始の移動がよりおトクになります。


年末年始も使える北海道のETC乗り放題プラン

ETC乗り放題エリアは3種類を用意

NEXCO東日本が発売する「北海道冬トクふりーぱす」は、北海道内の同社路線がETC限定で連続する2日間または3日間乗り放題となるプラン。販売期間は2020年4月6日までで、最初に利用するICを通過前まで購入することができます。

ETC乗り放題エリアには道東・道南・道北の3種類を用意。道東プランの場合は余市IC~小樽JCT・小樽IC~札幌JCT・札幌JCT~新千歳空港IC・千歳恵庭JCT~本別IC・本別JCT~足寄ICとなっています。

また、道南プランでは余市IC~小樽JCT・小樽IC~札幌JCT・札幌JCT~苫小牧東IC・大沼公園IC~沼ノ端西IC・千歳恵庭JCT~千歳東IC。道北プランでは余市IC~小樽JCT・小樽IC~札幌JCT・札幌JCT~新千歳空港IC・千歳恵庭JCT~千歳IC・札幌JCT~士別剣淵IC・深川JCT~深川西ICがそれぞれETC乗り放題になります。

ETC乗り放題プランはキャンセル可能

価格は3プランとも同じ設定となっていて、2日間用が普通車6100円、3日間用が7100円です。いずれのプランも新千歳空港から札幌・小樽エリアまでが乗り放題区間に含まれているため、新千歳空港を中心に観光をするのに便利でおトクなETC乗り放題プランとなっています。

例えば、新千歳空港ICから函館最寄りの大沼公園ICまで往復した場合、ETC休日割引の往復通行料金が7740円。3日間用の道南プランを利用した場合約600円割安になるほか、札幌・小樽まで往復すればさらにおトク度がアップします。

ただし、冬の北海道ならではの注意点として雪の影響で高速道路が通行止めになることが多いこと。高速道路が利用できないとETC乗り放題プランのメリットがなくなってしまいます。その場合、最初のICで乗る前であればETC乗り放題プランのキャンセルが可能なので、天候をよくチェックして利用開始するようにしましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事