ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

有料の高速道路になぜ無料区間が存在している?

元々高速道路は無料化を前提としていたはずですが、首都高を見てもその気配は全くナシ。それどころか最近は、ETC割引の改悪で料金は実質値上げされる始末です。ところが高速道路の中には、無料で通行できる区間が存在します。そんな、有料の高速道路に存在する無料区間をまとめて紹介しましょう。


有料の高速道路になぜ無料区間が存在している?

有料の高速道路に無料区間が存在

さて、有料の高速道路になぜ無料区間が存在するのでしょうか? 理由の1つは、その区間が新直轄方式で作られた道路であることが挙げられます。これは国と地方自治体が建設費を出して作られた区間で、NEXCOが通行料金を徴収できないために、無料で通行できるというワケです。

また、NEXCOが管理する有料道路であっても、コストの関係などからインターチェンジに料金所が設置されていないケースもあります。例えば京葉道路の篠崎IC~京葉市川IC間は料金所が置かれていないため、本来は料金が発生する区間ですが、実際は無料で通行可能です。

このほか、首都高速道路(首都高)には無料区間はないもの、首都高と直結する無料区間としてKK線があります。KK線とは汐留~西銀座~白魚橋を結ぶ区間です。

一見すると、首都高のいち路線のように見えるものの、ここは首都高を管理する「首都高速道路株式会社」とは別の企業である「東京高速道路株式会社」が管理しています。その維持費はKK線の下にあるテナントの賃料などで賄われており、首都高の中でも、この区間のみ無料で通行できるようになっているのです。

全国の高速・有料道路の無料区間

全国の主な高速・有料道路の無料区間は「湯沢横手道路」は雄勝こまちIC~湯沢IC、「秋田自動車道」は八竜IC~二ツ井白神ICと大館能代空港IC~小坂北IC、「日本海東北自動車道」は本荘IC~岩城ICや荒川胎内IC~朝日まほろばICなどです。

「京葉道路」は篠崎IC~京葉市川ICと幕張IC~武石IC。花輪ICは下り線のみ料金所があるため、花輪~幕張・武石間は上りは無料、下りは有料になります。

「中部横断自動車道」は八千穂高原IC~佐久北IC、「能越自動車道」は小矢部東IC~福岡IC、「松江自動車道」は三次東IC~三刀屋木次IC、「鳥取自動車道」は佐用平福IC~鳥取IC、「四国横断自動車道」は阿南IC~徳島東IC、「高知自動車道」は須崎東IC~四万十町中央ICです。

「山陰自動車道」は無料区間が数多く存在します。鳥取IC~鳥取西IC、青谷IC~はわいIC、大栄東伯IC~大山IC、大山IC~米子西IC、東出雲IC~松江玉造IC、大田朝山IC~大田中央・三瓶山IC、仁摩・石見銀山IC~石見福光IC、浜田IC~石見三隅IC、遠田IC~久城IC、高津IC~須子IC、萩IC~三隅ICが無料区間です。

■「カーライフ」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事