ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

サブカメラ一体型ドラレコが撮影できる範囲は?

あおり運転の証拠撮りに最適な2カメラタイプのドライブレコーダーが、安価で入手できるようになりました。そこで、1万円以下で購入できるサブカメラ一体型の広角ドライブレコーダーが、車両後方部をどこまで撮影できるのか実走レビューしました。サブカメラの意外な活用方法も紹介します。


サブカメラ一体型ドラレコが撮影できる範囲は?

サブカメラは後続車を捕らえられない

恵安といえば、PCやテレビの周辺機器が有名ですが、実はドライブレコーダーも販売しています。「KDR-E10」はサブカメラが分離型ではなく一体型なので、後続車を捕らえることはできません。

しかし、車内の様子や歩道を記録できます。本体サイズはICカードほどなので、ミラー裏に隠しやすく、小型車でも視界の邪魔になりません。ソニー製のCMOSセンサーを搭載しているのもポイントです。

昼の撮影映像を確認してみると、フロントカメラは前方車両のナンバーや15m先の看板の文字がクッキリ映っていました。サブカメラの画質はもう一歩という印象ですが、カメラの方向を自由に変更できるという利点があります。

フロントカメラは2~3万円クラス並み

夜の撮影映像を確認してみると、フロントカメラは前方車両のナンバーが白飛びしているのが残念。しかし、色味は明確に出ています。サブカメラは車内が暗過ぎると機能しないので、夜間使用時はサイドに向けて使うとよいかもしれません。

とにかく昼のフロントカメラの映りがきれいなのは驚き。大手メーカーの2万~3万円クラスと同等に張り合えるレベルです。イヤホンプラグに挿し込んで使うサブカメラは360度回転するため、瞬時にトラブルがおきた方向にレンズを動かして撮影できます。

動画保存形式はMOVで、画面サイズは3インチ、記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)です。フロントカメラの解像度は1920×1080ドットで、画角は154度、サイズ/重さは89W×52H×30Dmm/64gとなります。

また、サブカメラの解像度は720×480ドットで、画角は78度、サイズ/重さは約17W×22H×7Dmm/約3g。実勢価格は9,250円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。