ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速道路の料金は万が一の時は「後払い」できる

高速道路の料金所を通過するときに「あれ、財布を持ってきたっけ?」と心配になった経験はあるはず。ETCカードの引き落としをしているクレジットカードが利用停止だったらと急に不安になることもあります。そんな時もあわてる必要はありません。じつは、高速道路の料金は万が一のときは「後払い」できるのでした。


高速道路の料金は万が一の時は「後払い」できる

高速道路の料金後払いのための手続き

高速道路に乗ってはみたものの、財布を忘れたことに気づいて料金所で大慌て…想像するだけで怖くなります。この時、私たちは高速道路から出られないのでしょうか。

じつは心配は無用。高速道路の料金所で手持ちのお金が不足していた場合、料金所脇にある事務室で住所・氏名の確認など所定の手続きを行えば、高速道路の料金は「後払い」できるのです。

10日以内に最寄りの料金所に持参するか、当該料金所に現金書留で送ればOK。自動車ナンバーや免許証などで個人情報が確認できるためか、万が一の場合、高速道路の料金は後払いできる仕組みです。

高速道路のカード払いはサインが不要

また、延滞や利用限度額オーバーでクレジットカードが利用停止になっていても、ETCカードはじつは利用可能。店舗などのクレジットカードのような与信は行わず、有効期限しかチェックしていないからです。

このため、クレジット会社発行のETCカードは、限度額超えで利用停止になっていてもゲートは通過できてしまう可能性が高いということ。まずは料金所を安全に通過することを重視しているのでしょう。

このほか、高速料金の支払いについて意外と知られていないのが、クレジットカードで払う場合はサインが不要ということ。また、「ETC/一般」レーンを間違って未払いで通過したら、後日、申し出て支払いを行えば問題ありません。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事