ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高級コーティング剤「SPASHAN」の噂を検証した

「SPASHAN」といえば、デリケートなスポーツカーなどを基準に開発された高級撥水コート。驚異的な撥水性能と手軽さが特長です。しかし現在、この中身がMonotaROで販売されている「シャンプー&超撥水コートなのでは?」という噂が一部で囁かれています。さっそく、その真相を調べるべく両者を入手して比較してみました。


高級コーティング剤「SPASHAN」の噂を検証した

SPASHANとMonotaROの価格差は約23倍

「SPASHAN」は、撥水性能が非常に高く、撥水を超えた「疎水性コーティング」をうたう高級コーティング剤。シャンパンボトルのようなプレミアム感のあるパッケージも話題を集めました。この中身がMonotaROで販売されている「シャンプー&超撥水コート」なのでは…という噂が一部で囁かれています。

「SPASHAN」は1本500mLで実勢価格が8,800円という高級品ですが、MonotaROの「シャンプー&超撥水コート」は4Lで2,990円とその価格差は約23倍にもなります。

主な成分はどちらもシリコン+界面活性剤。SPASHANの「メチルポリシロキサン」は化粧品などにも使用されるシリコン油で、MonotaROは「特殊シリコーン」の記載のみで詳細は不明です。

中身の液体を見ると、乳白色のSPASHANに対して、MonotaROはクリアブルー。SPASHANは粘度が高くドロッとしていますが、MonotaROの溶剤はサラサラで一見別物に見えます。

SPASHANは水残りが少ない仕上がり

使用方法については、MonotaROが5~10倍希釈なのに対して、SPASHANは50~100倍希釈と10倍の差。単純に10倍の量になると考えると価格差は2.3倍程度に縮まることになります。

あとは、希釈した溶剤を泡立てて、スポンジでボディを洗浄。水で洗い流して、あとは拭き上げればOKです。どちらも非常に簡単で使用感に大きな差はありませんでした。

仕上がりについては、MonotaROも十分な撥水性能があるものの、SPASHANの方が素早く水を弾き、水残りが少ない印象。結論としては、SPASHANとMonotaROの中身は別物ですが、性能は甲乙つけ難というところです。

仕上がりはSPASHANに軍配が上がりますが、定期的な施工で効果が得られることを考えるとコスパの高いMonotaROも十分に選択肢としてはアリでしょう。(文/Toybox)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。