ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

HDMIレコーダー最新モデルの裏コマンドとは?

2017年に発売された、HDMIレコーダー「アキバコX」が「アキバコX-2」としてモデルチェンジしました。アナログ&HDMIデジタル入出力、アップ&ダウンスキャンコンバータ機能、動画編集機能などの搭載はそのまま搭載しています。そんなHDMIレコーダーでHDCPを回避する裏コマンドを紹介しましょう。


スポンサーリンク
HDMIレコーダー最新モデルの裏コマンドとは?

HDMIレコーダーの評価モードに突入

HDMIレコーダー「アキバコX-2」は動画編集時にカットしたい点がコマ送りで指定できるようになり、そして価格もやや安価に。アキバコシリーズの多機能モデルとは異なり、あくまでも動画編集に特化している点が魅力です。本モデルから2.5インチ内蔵HDDスロットをサポート。メニューからフォーマットも可能となりました。

デジタル放送の録画番組は、HDCPによってHDMI経由のダビングが制限されています。アキバコX-2は初回起動時に裏コマンドにより業務用の「評価モード」に突入するのです。

このHDMIレコーダーの評価モードでは、HDCPを回避してコピーフリーでアキバコX-2にUSB接続したHDDに保存することが可能。録画ファイルは編集やコピーも自由自在となります。

HDMIレコーダーの業務用評価モード

HDMIレコーダーの業務用評価モードの利用方法は、HDMIケーブルで接続されたBDレコーダーとテレビの間に、アキバコX-2をHDMI入出力端子を使って経由。初回起動時に「2580」とリモコンで入力し、画面上のOKボタンを押します。

これで、HDMIレコーダーにUSB接続した外付けHDDなどに、録画番組がコピーフリーのTSファイルで保存できるようになるのです。あらゆる映像がダビングできるようになります。

アキバコX-2の映像入力端子はHDMI、S端子、コンポジット、映像出力端子はHDMI、コンポジットとなっています。録画解像度は1920×1080ドットで、OSはAndroid、外付けHDは最大4TB(3台同時接続可)。実勢価格は44,800円です。

■「HDMI」おすすめ記事
HDCPを回避する激安HDMIスプリッターとは?
HDCPを回避するHDMIレコーダーの裏コマンド

■「裏コマンド」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
iOS7の新機能!便利なiPhone裏コマンド
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
Nexus7の使い方が10倍便利になる裏ワザとは?
カラオケで高得点が取れる裏コマンドとは?
ウォシュレットの賢い使い方!管理者設定モード

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事