ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ウォシュレットの隠しコマンドで自分好みの設定

いまや公衆トレイにも付くのが当たり前となりつつある「ウォシュレット」です。しかし、場所によっては便座が思いのほか温かかったり、ウォシュレットの水温が冷たすぎたり…ということもしばしば。公衆トイレのウォシュレットの隠しコマンドで、自分好みの設定にする方法を知っていて損はありません。


スポンサーリンク
ウォシュレットの隠しコマンドで自分好みの設定

ウォシュレットには隠しコマンド

ウォシュレット付きトイレは、自分好みの水温や水勢、便座の温度で快適に用を足せるのが魅力です。通常なら操作ボタンで調整できますが、困ったことに公共施設にあるウォシュレットは操作が制限されていることがあります。

公衆トイレのウォシュレットは操作できても水勢くらい。操作パネルで調整しようとボタンを探して「メンテナンス専用」や「管理者専用」と書かれたエリアを見つけても、「温水」や「便座」のボタンを押してもまったく反応しません。

こんな時のために知っておきたいのが、公衆トイレのウォシュレットの隠しコマンドです。隠しコマンドでウォシュレットの管理者モードに入ることで、便座や水温の温度調整ができるようになります。

ウォシュレットが自分好みの温度

隠しコマンドがあるのは、公衆トレイによく採用されているTOTOのパブリック向けウォシュレットの2タイプ「TCF581W」と「TCF584R」です。公衆トイレでよく見かけるのは「TCF581W」のタイプでしょう。

ウォシュレットの隠しコマンドはどちらも同じ。「設定モード入/切」のボタンを長押しするのです。「TCF581W」は右側のフタを開けるとボタンが出現。「TCF584R」は管理者専用と書かれたエリアにボタンがあります。

このボタンを5秒以上押し続けると緑色のランプが点灯。これで管理者モードに入れました。あとは温度調整の「便座」「温水」ボタンを押して温度調整するだけです。公衆トレイのウォシュレットを自分好みの快適な温度で使用できます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事