ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニのモバイルバッテリーはどれが買いか?

コンビニで販売している5000mAh前後の「モバイルバッテリー」をテストしてみました。取り上げたのは、Tama’sの「FL96SCCW」(実勢価格3608円)、センチュリーの「FSLP-CA50W」(実勢価格2580円)、センチュリーの「CSPP-CA60W」(実勢価格2948円)の3製品です。はたして、どれくらい性能差があるものでしょうか。


コンビニのモバイルバッテリーはどれが買いか?

コンビニモバイルバッテリーが進化

コンビニで買えるモバイルバッテリーを分解してみると、3製品すべてにINJOINIC社製の統合チップが使用されていました。数年前のコンビニバッテリーといえば、充電電流0.5A、2A充電など絶望的な仕様でした。

しかし、どのモバイルバッテリーもそこそこの性能に進化しています。回路の技術も一巡したようで、もはや性能が悪い製品の方がレアケースとなっています。

従来の一般的なモバイルバッテリーは、DC-DCコンバータ、操作・残量制御、充電属性制御のチップが個別に搭載されていましたが、Tama’sのコンビニモバイルバッテリー「FL96SCCW」はワンチップ型で部品点数が大幅に削減されています。

同じチップを積んでいるセンチュリーの6000mAhバッテリーには、過熱保護のための温度センサーが搭載されていますが、このバッテリーには見当たりませんでした。電源ノイズは少し大きめですが、問題ないレベルでしょう。

実測した最大供給電流は3.8Aと、カタログ値を大きく上回り優秀。バッテリー実測容量は、カタログ値の6800mAhの75%程度でした。

コンビニモバイルバッテリーが良値

センチュリーのコンビニモバイルバッテリー「FSLP-CA50W」(容量5000mAh)のコントローラーはDC-DCコンバータ統合ワンチップを採用。Tama’sやセンチュリーの6000mAhに使われているIP5310よりも、供給電流の低いタイプのグレードとなります。

負荷テストでは 2.0Aを超えたあたりから電圧降下が目立ち、タブレットなどでの2.4A充電では通常より充電時間がかかる可能性があるでしょう。

放電グラフでは電圧の暴れが見受けられますが、4.9V以上が保たれているので充電には影響はないでしょう。実測容量はカタログ値の73%程度となり、良値とは言いがたいところです。

センチュリーのコンビニモバイルバッテリー「CSPP-CA60W」(容量6000mAh)には、tama’sのバッテリーと同じ統合チップが使われていますが回路構成は異なり、この基板には無印の14ピンチップが余計に付いています。

残量LEDを制御するもののようですが、LED制御はIP5310統合チップにも内蔵されているため、本来は不要。単にオリジナルと表示パターンを変えるためなのでしょうか。

最大供給電流は3.19Aで、2.4A時点でも電圧降下は全くなく、タブレットなど大容量充電も問題ないでしょう。実測容量もカタログ値の81%で、電源回路のロスを入れても良値といえます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事