ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダイソー「ミニルーター」先端のブレを防ぐ改造

100円均一ショップのダイソーはもともと、まるでホームセンターのような品揃えといわれるほど、100均工具のラインアップには定評がありました。さらに、ダイソーでは100円以上の高級ラインを200~600円の価格帯を中心に展開。100均工具にも高級ラインが揃い始めています。100均工具のミニルーターとハンダごてを見ていきましょう。


ダイソー「ミニルーター」先端のブレを防ぐ改造

ダイソー100均工具ワンポイント改造

ダイソーの「3Vタイプ ミニルーター」は、動くちょっとした研磨やサビ落としが格段に楽になる100均工具。単4形乾電池×2本で動作します。価格は660円です。

ビットはホビー用の製品と共通サイズなので、さまざまなメーカー品が使えます。ただし、プラの割りピンでビットを固定しているだけの簡素な作りなので、穴あけなど高トルクを必要とする作業には向いていません。

また、ミニルーターを使用していてやや気になるのが、先端のブレ。分解してみると、シャフト部分にあるはずのベアリングがありませんでした。そこでベアリングを追加して、ブレを防ぐワンポイント改造を紹介しましょう。

見つけたら確保したいダイソー100均工具

ミニルーター本体はバッテリーキャップとビット側リングで固定されているので、この2個を外すと2枚開きになる構造。ここでモーターとシャフトを取り出します。

そして「1060ベアリング」を1個、シャフト部分に取り付けるのです。あとは逆の手順で元に戻して完成。微ブレを起こしていた先端が、ブレずにきれいに回るようになりました。

ダイソーの100均工具「30Wハンダこて」は、どこにでもありそうなフツーのハンダごてですが、注目すべきはコテ先。gootのコピー品なのか、同社のコテ先がそのまま使えてしまいます。価格は550円です。

そのままでも十分利用可能ですが、コテ先をgootに交換するとより使いやすくなります。ちなみに20Wと40Wタイプもありますが、非常にレアなので見つけたら確保しておきましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事