ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

北朝鮮が工作員に暗号を送る「乱数放送」が再開

北朝鮮の乱数放送は少なくとも1960年代には確認されており、韓国や日本での工作活動や拉致などの具体的な指令が暗号として放送されていたといわれます。2000年6月の南北首脳会談以降、次第に放送頻度が減り、同年12月8日をもって廃止されました。しかし、2016年6月24日から16年ぶりに乱数放送が復活したのです。


スポンサーリンク
北朝鮮が工作員に暗号を送る「乱数放送」が再開

乱数放送はほぼ毎晩流されていた

2000年以前の北朝鮮の乱数放送は、北朝鮮から韓国や日本に向けて送信しているラジオ局「平壌放送」を使ってほぼ毎晩流され、乱数放送の専用周波数も使って毎日のように聞けました。

乱数放送は1つの電文が、1人の工作員を対象にした指令を意味します。1回の放送で複数の電文が放送されることも多々あり、いかに多くの工作員が活動していたか、電文の種類の多さでも知ることができました。

また、電文は基本的には翌日に再放送されていました。それは、工作員が何らかの事情で受信できなかったり、受信状態が悪くて電文の書き取りができなかったりした場合に備えての措置だったと思われます。

再開された乱数放送は1か月に4回

2016年に再開された乱数放送は、2000年以前と比べると、明らかに実用度が低いものになりました。放送頻度は1か月に4回程度。1回の放送に電文は1つだけで、2週間後に再放送されます。つまり、1か月に電文が2種類しかないのです。

「1つの電文が1人の工作員を対象にした指令」という前提であれば、工作員の数がそんなに少ない訳がありません。さらに、再放送が2週間後ということを考えると、電文に秘められた暗号そのものが意味のある内容なのかは不明で、偽装工作、あるいは攪乱のための放送の可能性が高いと言わざるを得ません。

放送は、隔週金曜日の1時15分と隔週日曜日の0時15分から約10分間、平壌放送を通じて放送されます。日本では、AMラジオ放送657kHzと短波3320kHzが比較的良好に受信できるでしょう。なお、周波数などは変更される可能性があります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事