ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

地下放送や謀略放送に短波が採用されていた理由

大空を飛んで行くラジオの電波に国境はありません。国家の体制が違っていても、電波は国内に飛び込んできます。それゆえ、独裁国家は敵対国への謀略放送を行ったり、自国へ向けられた地下放送を妨害して、自国民を真実から遠ざけようとします。そんな海外ラジオ放送で短波帯が使われる理由を見ていきましょう。


海外ラジオ放送で短波帯が採用されていた理由


短波放送で外国への宣伝活動を行う

国境を越えるラジオ放送を行うには、より遠くまで飛ぶ電波に乗せる必要があります。そこで選ばれた電波が中波帯(AMラジオ放送帯)と短波帯です。特に短波帯は数千kmも飛ぶので、海外ラジオ放送の主用波となっており、広い帯域に国際的な割当てがあります。

日本国内のラジオ放送は、主に中波帯とFM帯(FMラジオ放送帯)で放送されています。これは、県内のラジオ局は県内をサービスエリア(視聴範囲)とするため。大都市圏の「広域放送」は、隣県にも電波を飛ばしていますが、これは例外的なもので、ラジオ放送の基本は県内で収める「県域放送」です。

見通し距離が電波の到達距離になる、FMラジオ放送だとイメージしやすいでしょう。夜になると1,000kmくらい飛ぶAMラジオ放送は混信して、日中は遠距離になるとノイズが多くなるので、実質的に県域放送です。

対して、短波帯は昼夜を問わずに遠くまで伝わり、海外へも飛んでいきます。地球の裏側まで届く電波もあるほど。この特性を利用して、外国への宣伝活動を行ってきたのが短波放送です。


多くの短波放送局がネットに移行

特に東西冷戦下の1950~1980年代は、両陣営で国家レベルのプロパガンダ放送を相手陣営の国民に対して行っていました。そんな時代背景もあり、政治的な理念だけではなく、自国をアピールするため、相手国の言語を使った国際放送を行う国が増えていったのです。日本語放送も急増し、1970年代にBCLがブームになりました。

そして現在、世界規模でインターネットが普及したことで、多くの短波放送局がネットラジオに移行し、短波放送は大きく縮小。しかし、インターネットが全土に普及していない発展途上国や、情報統制を行っている国では、今でも短波放送が続けられています。

また、北朝鮮や国内情勢が不安定な地域に向けた短波放送が、先進国によって行われていたり、布教を目的とした宗教局の中には、短波放送を継続し続ける局もあります。短波放送は相手がラジオさえ持っていれば、どんな地域にいても、遠くから情報を伝えることができるからです。

■「地下放送」おすすめ記事
1970年代末期の代表的な地下放送を振り返る
南北朝鮮で繰り広げられた地下放送による電波戦
海外放送を受信するBCLラジオ選びのポイント

■「乱数放送」おすすめ記事
今も届く北朝鮮の乱数放送の「暗号」を読み解く
北朝鮮が工作員に暗号を送る「乱数放送」が再開

■「暗号」おすすめ記事
スマホを買取に出すときは暗号化してから初期化
ランサムウェアで勝手にファイルが暗号化される

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • テレビ局のVHF帯放送連絡波の受信には2つ問題点
    テレビ局のVHF帯放送連絡波の受信には2つ問題点
  • VHF帯放送連絡波はテレビ局へどう割当てる?
    VHF帯放送連絡波はテレビ局へどう割当てている?
  • マスコミ無線の主力「VHF帯放送連絡波」聞き方
    マスコミ無線の主力「VHF帯放送連絡波」聞き方
  • ウクライナ戦争の影響で海外短波放送が送信縮小
    ウクライナ侵攻の影響で海外短波放送が送信縮小

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次