ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホを買取に出すときは暗号化してから初期化

スマホを買取に出すとき、端末内のデータが他人に見られてしまわないか心配なところ。スマホのデータを復旧できるソフトなども売られているため、スマホを買取に出して個人情報が漏れてしまわないか心配です。そこで、Androidスマホを安全に買取に出す方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
スマホを買取に出すときは暗号化してから初期化

スマホ買取の安全性がより高まる

スマホを中古ショップへ買取に出すとき、初期化して個人情報を削除するのは当然ですが、念には念を入れましょう。Androidスマホの場合、暗号化してから初期化することによって、安全性がより高まります。

実際、「FoneLab for Android」はデータの削除、データの初期化、端末を水没させてしまった場合に、データを復旧できる復元ソフト。有料版(3,984円)では動画や音楽ファイルなど、さまざまなファイル復元ができます。

もし悪意ある第三者が、こうした復元ソフトを使って初期化された端末のデータの復元を試みたとしましょう。うまい具合にデータが復元されたとしても、暗号化されていればパスコードがない限りファイルを開くことは不可能になるのです。

スマホを買取に出す前に暗号化

Androidスマホを買取に出す前に暗号化する手順を紹介しましょう。「設定」→「セキュリティ」→「携帯電話の暗号化」を選択。端末によってはメニューが「端末の暗号化」「暗号化デバイス」となっている場合もあります。

すると、暗号化についての説明が表示されるので、確認したのちに画面下に出てくる「携帯電話を暗号化」をタップして端末内のデータを暗号化。暗号化には1時間ほど時間がかかります。

暗号化が完了すると「暗号化されています」の表示が出現。これで、パスコードを入力しないとファイルが開けなくなるのです。あとは「設定」→「バックアップとリセット」から「データの初期化」で初期化していきます。

■「スマホ」おすすめ記事
スマホの遠隔操作アプリはどこまで監視できる?
スマホ乗っ取りに使われる最新の手口とは?
AbemaTVの録画をスマホでするなら「Mobizen」
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事