ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

今も届く北朝鮮の乱数放送の「暗号」を読み解く

かつて盛んに放送されていた北朝鮮の乱数放送は、2000年に廃止されました。しかし、新タイプの乱数放送が2016年に開始。平壌放送の1番組として放送していますが、ダミーまたは工作員養成教材としての放送ではないかと推測されます。今も届く北朝鮮の乱数放送の「暗号」を読み解いていきましょう。


スポンサーリンク
今も届く北朝鮮の乱数放送の「暗号」を読み解く

北朝鮮の乱数放送は電文でなく問題

北朝鮮の乱数放送は現在は「電文」ではなく、「○○号探査隊員達のための遠隔教育大学の(科目名)復習課題」の“問題”と称して暗号を放送しています。

「○○号」には、「21号」または「27号」の数字が入り、科目名は「外国語」「化学」「金属工学」「電子工学基礎」「物理学」「機械工学」「情報技術基礎」「数学」が確認されています。

5ケタの数字を1組とした電文で、それが数10組×2回放送。それぞれ3ケタのページ数と2ケタの番号の数字が読み上げられ、工作員はそれを書き取ります。あらかじめ工作員に与えられた書物(小説など)を使い、別の数字に変換。さらに所持している乱数表で、文字に置き換えて指令を受け取るといわれます。

乱数放送の数字で指令を読み取る

実際、1970年代には北朝鮮の工作員の部屋からは乱数表が押収されていました。乱数放送で送られる数字と組み合わせて、指令を読み取っていたと考えられます。

なお、一部において北朝鮮の乱数放送が、2017年2月13日に金正恩朝鮮労働党委員長の兄・金正男氏がマレーシアで殺害された時の指令に使われたと報道されていました。しかし、平壌放送はマレーシアには向けていません。そして、殺害に関与したのも工作員ではありません。実行犯も雇われ人です。

また、5月14日のミサイル発射予告にも乱数放送が使われたとの報道がありました。しかし、ミサイルは北朝鮮から発射されているものであって工作活動には関係がありません。ゆえに報道は誤ったものです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事