ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

BCL(短波)ラジオのおすすめ比較はソニー超えのTECSUN

1万円を超える高性能な中国製BCLラジオの新機種がSANGEANの「ATS-405」、DEGENの「DE1103-DSP」、TECSUNの「PL-880」です。そこに、定番の高性能BCLラジオとして名高いソニーの「ICF-SW7600GR」を加えて、その性能を比較してみました。その結果、BCL(短波)ラジオのおすすめ比較はPL-880に1位になったのです。


BCLラジオのおすすめはソニーを超えたPL-880

BCLラジオの受信感度を比較チェック

BCLラジオの受信感度の比較チェックは、内蔵バーアンテナとロッドアンテナで行いました。どのBCLラジオもメーカーの上位モデルだけあり、レベルが非常に高く熾烈な争いに…。BCLラジオ4機種とも基本性能である感度や選択度に、大きな差はみられません。

しかし、BCLラジオの音質などに差が出ました。まずはBCLラジオのAMラジオ放送から。BCLラジオのATS-405は低音が弱めなのですが、ノイズレベルが低くて1番聞きやすい音でした。DEGENのBCLラジオのDE1103-DSPはソフトミュート機能が効いているせいか、ノイズレベル近くまで信号が弱くなると、急に音量が下がって了解度が落ちます。

TECSUNのBCLラジオPL-880は低音も強めで音質はいいのですが、ノイズを1番拾いやすく感じます。ソニーのBCLラジオのICF-SW7600GRは同期検波をオンにした場合、信号強度が落ちるとロックが外れてしまい、聞きづらくなる場面に遭遇しています。

BCLラジオの短波放送は、PL-880とICF-SW7600GRが一枚上手の感じ。ATS-405は感度が少し下がるようです。DE1103-DSPはノイズが多少目立ち、隣接周波数に強力な局が居座っている場合、音声が聞き取りにくくなります。

BCLラジオのおすすめ比較で1位は?

BCLラジオのFMラジオ放送はATS-405だけ、感度が少し低いと感じました。BCLラジオのロッドアンテナの長さが影響していると思われます。感度などほぼ互角なので、音質、操作性の違い、質感、ディスプレイの見やすさなど、総合的な評価でBCLラジオおすすめ比較1位を決定しました。

盤石かつ1番無難なチョイスのBCLラジオであれば、ICF-SW7600GRに軍配が上がります。ただし、古い機種なのでディスプレイが見にくいなど、実用面においては、最近のBCLラジオには及びません。

そこで浮上してきたBCLラジオのがPL-880。多機能でディスプレイの視認性も高く、そのスキのない作りはBCLラジオのおすすめ比較1位。DSPの進化を重ねた中華BCLラジオがソニーの背中を捕らえ、そしてついに超えたのです。

BCLラジオのおすすめ比較2位はATS-405。外部アンテナ端子、SSB受信、同期検波などの機能があればベストバイの力はあります。BCLラジオのおすすめ比較3位はICF-SW7600GRで、DE1103-DSPが4位です。


BCLラジオは中波帯から短波帯まで広帯域

BCLラジオは1970年代を席巻したBCLブームの際には、ソニーや松下電器産業(現パナソニック)といった大手電機メーカーが発売する高級ラジオでした。中波帯から短波帯までの広帯域に加え、FMラジオ放送帯まで受信できる多機能ラジオだったのです。

BCLラジオは一般的なAM/FMラジオに比べて格段に高価でしたが、BCLブームに乗って当時は飛ぶように売れていました。しかし、1980年代にブームは終焉。各メーカーはBCLラジオから撤退していったのです。

そして、いま国内メーカーでBCLラジオを製造し続けているのはソニーだけ。その代わりに台頭してきたのが中国製のBCLラジオです。いわゆる中華ラジオと呼ばれるもので、現在のBCLラジオ市場の中核をなすほどに成長しています。

中華BCLラジオは5,000円程度の入門機から3万円以上の高級機まで、各社豊富なラインアップを誇っています。BCLラジオ選びのおすすめポイントを挙げていきます。

BCLラジオを選びのおすすめポイント

名機と呼ばれる往年のBCLラジオは、アナログチューニングを採用。受信音を聞きながらダイヤルを回して、放送波を浮かび上がらせていく操作が魅力でした。

現在のBCLラジオの多くは、周波数表示にデジタル方式を採用。BCLラジオは狙った周波数にピッタリ合わせられるようになっています。周波数表示があいまいな、指針式やダイヤル式の古いBCLラジオはベテラン向けです。ビギナーにはおすすめできません。

短波放送は広い範囲に割当てられているので、3.9~21MHzを連続受信できるBCLラジオがおすすめです。安価なBCLラジオだとスペック上は連続受信できていても、実際は「放送バンド」だけをカバーして、歯抜けになっている場合があります。こうしたBCLラジオでは、放送バンド外にある、怪しげな地下放送や暗号放送が聞けません。

BCLラジオは弱い電波を聞きやすくするための機能があるのかも大切。BCLラジオの受信状態を変える「感度調節」機能や混信を減らす「選択度切替」「同期検波」「SSBモード」といった機能もおすすめポイントです。特に夜間は隣接周波数との混信が発生しやすいので、BCLラジオのこれらの機能は効果的に機能します。

■「BCLラジオ」おすすめ記事
海外放送を受信するBCLラジオ選びのポイント
BCLラジオの定番がソニーのICF-SW7600GR
BCLラジオにも中華ラジオの波が押し寄せている
台湾発BCLラジオは表示と音声にこだわりアリ
中華BCLラジオ旋風を起こした「愛好者」後継機
TECSUNのBCLラジオはソニーと肩を並べる性能

■「中華ラジオ」おすすめ記事
中華ラジオATS-909Xの感度はソニー高級機並み
ラジオ録音に電子ブックも搭載した中華ラジオ
携帯ラジオを買うなら中華ラジオがおすすめ
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事