ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

東芝の短波ラジオ「TY-SHR3」の受信能力を探る

東芝の短波ラジオ「TY-SHR3」は、ラジオNIKKEI用と銘打った製品です(中波とFM波も受信可能)。昭和時代の「NSBクリスター」や「ラジオたんぱ専用ラジオ」を彷彿とさせる機種ですが、ラジオNIKKEI以外に3.8~10MHzの短波放送も受信できるのが特徴。TY-SHR3で、現在の短波放送がどれくらい聞こえるのかを探ってみました。


東芝の短波ラジオ「TY-SHR3」の受信能力を探る

TY-SHR3の受信感度はあまりよくない

TY-SHR3のボディ正面には「お好み選局」ボタンが4つあり、1~3のボタンには2018年9月以前に使われていたラジオNIKKEIの6つの周波数が登録済みです。

右側面のスイッチで、第1放送と第2放送を切り替えます。ただし、現在使用できるのは放送されている、2ボタン(6055/6115kHz)と1ボタン(第1放送・時間限定3925kHz)の3波のみです。

アンテナは全長580㎜のロッドアンテナだけで、外部接続はできません。受信感度はあまりよくなく、室内の受信場所やアンテナの角度によって、受信状態に大きな差が出ます。

東京都内の木造家屋の2階室内で受信したところ、長柄送信所(千葉県)からの6055/6115kHzは、昼間の直接波をS2~4(Sメーターは未装備なので耳評価)で受信。安定的とはいえないものの実用にはなります。3925kHz(北海道の根室送信所の第1放送、朝と夜)は、夜間だけが何とか聞こえました。

TY-SHR3は本格的なBCLには向かない

TY-SHR3には「もどる」「すすむ」の選局ボタンがあり、5kHzステップで3.8~10MHz間の短波放送を受信できます。また、「お好み選局」の4ボタンに1波のみ登録可能です。

室内で海外日本語放送を受信しました。驚くべきは中国国際放送(CRI)で、朝・夜ともに信号強度・安定度ともにラジオNIKKEIを上回ったのです。台湾国際放送と朝鮮の声も実用になる強さです。

ただし、他の局(BCLラジオでは結構強力に聞こえる局)は、かすかに受信できる程度で、近隣諸国からの強い電波のみ引っかかるという状況。BCLラジオに比べて感度不足が感じられました。

TY-SHR3は本格的なBCLには向きませんが、CRIなど3.8~10MHz帯で実用になる近隣諸国の短波局のみを固定的に聞くのであれば、実勢価格が4,000円を切ることから購入を検討してもいいでしょう。(文/赤林隆仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事