ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

PC受信成功のカギを握るアンテナ設置テクニック

受信用のUSBチューナーと受信ソフトを使えば、PCが受信機に早変わり。これが「PC受信」です。PC受信で受信ソフトとUSBチューナーのセットアップが完了したら、最後はアンテナの接続になります。じつはPC受信を成功させるには、電波をキャッチするアンテナの性能が重要。PC受信のためのアンテナ設置方法を見ていきましょう。


PC受信成功のカギを握るアンテナ設置テクニック

PC受信は別途購入するアンテナが重要

PC受信のための受信ソフト「SDR#」とUSBチューナーのセットアップが完了したら、アンテナの設置です。飛び交う電波をキャッチするアンテナは、重要な役割を果たします。

今回のPC受信で使用しているRTL-SDR V3の基板には、チューナーIC「R820T2」が使われています。実はこれ、PC受信のブームを作った、USBデジタルテレビチューナーに使われていたICです。

型番は「R820T」から、精度を高めた「R820T2」に進化しているのですが、回路構成の基本は同じ。10kW以上の出力で飛んでくるテレビの電波と、50W以下で送信されるエアーバンドでは、受信レベルが違います。

RTL-SDR V3は受信向けにチューニングされてはいますが、感度は受信機には及びません。

このため、PC受信を成功させるには、電波をキャッチするアンテナの性能が重要。RTL-SDR V3には、ハンディ受信機のように付属アンテナは同梱されていないので、アンテナメーカーの製品を別途購入しなければなりません。

PC受信のアンテナはベランダに出す

アンテナは長いほど高性能になりますが、固定型のアンテナは取り付け強度も必要で、設置場所が限られます。なので、軽量で設置場所の自由度が高いハンディ機用のエアーバンド専用アンテナをオススメします。

PC受信のアンテナは、電波をキャッチしやすい窓ぎわや、ベランダなどの外に出すのがベスト。その際はアンテナとUSBチューナーを、同軸ケーブルでつないで延長して下さい。

アンテナを立てる際のベースになるアンテナ基台には、同軸ケーブルが付いているマグネット基台があるので、これを使うのが簡単で、設置場所の移動もすぐに行えます。

なお、アンテナは垂直に設置して下さい。エアーバンドの電波は、上下に波打ちながら飛んで来る垂直偏波です。上下の波打ちに合うように、垂直に立っているアンテナで受信した方が感度が良くなります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事