ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

チョコバットの当たりが選別できるポイントは?

当たりくじ付きの駄菓子の定番ともいえるのが「チョコバット」。パン生地をチョコレートでコーティングした、ちょっとボソボソした食感がクセになる駄菓子です。袋の裏にホームランが出ればもう1本。ヒットなら4枚でもう1本もらえます。そんなチョコバットの当たりが選別できるポイントを紹介しましょう。


チョコバットの当たりが選別できるポイントは?

チョコバットのホームランの確率

「チョコバット」は、60本入りの箱の中に「ホームラン」と「ヒット」が1本ずつしか入っていません。野球の打率に例えてみると、0割3分3厘(3.3%)という当たりを引くのが極めて難しい駄菓子です。

チョコバットでもう1本もらえる「ホームラン」が出る確率は、さらに半分ということになります。そこで、必ずホームランが出る秘打をお教えましょう。ポイントはパッケージの印刷のズレにあります。

当たり付き駄菓子でパッケージに当たりの文字が印刷されているものは、ハズレの商品とは印刷ラインや印刷する時期が異なっているもの。このため、どうしても当たりとハズレでパッケージの印刷に差が生まれてしまうのです。

チョコバットでホームランを量産

チョコバットの注目ポイントはバッターの左肩にある「くじ付」の真下の文字「CHOCO」です。「くじ付」の赤い色と「CHOCO」の黄色の間にある白地の部分をよく見ていきます。

ここで「H」の黒文字が、白地のギザギザ部分にはみ出しているかどうかが選別ポイント。文字がはみ出ていないのが当たりのホームラン、はみ出しているのがハズレのアウトです。

チョコバットは鋭い選球眼で印刷のズレを見抜けばホームランを量産できるはず。このように、ほかのパッケージとの「仲間はずれ」を探すことが当たりくじ付き駄菓子の攻略法の基本です。

■「チョコバット」おすすめ記事
チョコバットの当たりはパッケージのココが違う

■「当たり」おすすめ記事
チョコボールのエンゼルはキョロちゃんでわかる
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
よっちゃんイカは切り口の長さで当たりがわかる
フィリックスガムの当たりは包装の接合部で判別
どんぐりガムの当たりを印刷の違いで完全攻略
「ヤッターメン」で儲けるための傾向と対策
マルカワのフーセンガムの当たり攻略マニュアル
のらくろガムの当たりは印刷より「巻き」で判別

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事