ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

WEP方式のWi-Fiパスワードは解析できてしまう

電波からパスワードを解析して、他人のWi-Fiをこっそり利用する「タダ乗り」。とくに危険なのが、古い暗号化方式で容易に解析されてしまうWEP方式。10年ほど前のWi-Fiルータは、この方式にしか対応していない可能性があるので要注意です。WEP方式のWi-Fiパスワードが解析できるかを検証してみました。


スポンサーリンク
WEP方式のWi-Fiパスワードは解析できてしまう

WEP方式のWi-Fiパスワードを解析

「Kali Linux」は、さまざまなハッキングツールを詰め合わせたセキュリティテスト用のLinuxです。「aircarck-ng」というWi-Fi解析用のツールが入っており、WEP方式のWi-Fiアクセスポイントのパスワードなら簡単に解析できてしまいます。

ここでは実際にKali Linuxを利用してパスワード解析を検証してみました。「VMware Workstation Player」を使うと、VM版のKali LinuxをWindows上で起動できるようになります。

ただし、メモリが大きく取られるので、8GB以上のメモリを搭載したPCがベストです。まずは、VMware Workstation Playerを起動し「仮想マシンを開く」を選択。VM版のKali Linuxを指定して読み込ませて起動します。

Wi-Fiデータからパスワードを解析

起動後、ユーザー名を求められるので「root」と入力。続いてパスワードの入力。ここでは「toor」と入れます。これでサインイン成功。これでKali Linuxを利用できるようになりました。

Kali Linuxが導入できたら「aircarck-ng」でWi-Fiパスワードの解析を検証します。コマンド入力なので難しそうですが、パケットを収集してそれを解析するだけなので作業自体はシンプルです。

「aircarck-ng」を起動して、周囲のWi-Fiアクセスポイントを探します。目的のアクセスポイントのパケットを収集すると、そのデータからパスワードを解析できるのです。なお、パケット量が少ないと解析に失敗します。(文/仲谷仁)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事