ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パソコンのデータ消去で安心して家電リサイクル

パソコンを家電リサイクルに出すときに心配になるのが、パソコン内のデータに入ったさまざまな情報です。そこでパソコンをデータ消去して、個人情報などを関税消去するテクニックを紹介しましょう。また、DVD-Rメディアのデータ消去の方法も合わせて見ていきます。



パソコンのデータ消去で安心して家電リサイクル

パソコンデータ消去はHDDを破壊する

不要なパソコンは、小型家電リサイクル法かパソコンリサイクル法のどちらかで処分することが義務化。前者はリサイクル業者か行政に依頼して引き取ってもらい、後者は販売メーカーに回収依頼をして引き取ってもらいます。

どちらにしても、パソコンの処分の際にHDD内に詰まった個人情報が漏れるのは恐いものです。データ消去のために初期化しても復旧ソフトで復活させられる可能性はあります。

データの流出を防ぐためにもHDDの取り扱いは要チェック。そんなときは、HDDを物理的に破壊してデータ消去するのが一番の方法です。

パソコンデータ消去はドリルを使う

パソコン本体からHDDを取り出したら、まずはカバーを開けなければなりません。HDDのカバーを留めるネジは特殊なトルクスネジなので、ネジザウルスなどで開けます。

カバーを開けたら、円盤のプラッタ部分をドリルで空ければ作業終了。素材がガラスの場合はハンマーで叩き割ればOKです。これで読み出しは不可能。パソコンのデータ消去の完了です。

ちなみに、DVD-Rメディアをデータ消去したいときは電子レンジでチンします。強さを強にして適当な秒数チンするだけです。すると、10秒もしないでメディアから火花が散って焼け焦げます。

DVD-Rメディアを見てみると表面が焼け焦げ、ヒビ割れてデータが読み込めないはず。研磨による修復も不可能です。この情報は『ラジオライフ』2015年8月号に掲載されていました。

■「家電リサイクル」おすすめ記事
不用品回収が無料!パソコンファームを活用する
パソコンは処分する前に買い取り先を調べる
粗大ごみの回収は自治体の持ち込みが一番安い
家電リサイクルで損をしないための基礎知識
家電リサイクルで料金がもっとも得する方法は?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事