ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴調査でクルマのクラクションを鳴らす理由

たくさんの電波が複雑に飛び交う市街地での盗聴調査では、発信源の場所を特定するためのさまざまなテクニックが必要になります。盗聴器の電波の途切れ方から方向を推測したり、クラクションを鳴らして距離感をつかんだりと、盗聴調査ならではの特定方法を見ていきましょう。


スポンサーリンク
盗聴調査でクルマのクラクションを鳴らす理由

盗聴調査で周囲にビルがある場合

盗聴調査中に路上で盗聴器の電波を発見したとしましょう。トラックがスレ違った瞬間に、盗聴波が途切れたら…。これはトラックが盗聴波を遮ったからです。このことから発信源は対向車線側にあることが分かります。

その逆に、トラックが来ても盗聴波が途切れなかったら、発信源は同一車線側と考えられます。ただし、早合点せずに周囲を見回して下さい。盗聴調査で周囲にビルがある場合は注意が必要です。

というのも、盗聴器の電波の発信源がビルの上階だと、トラックの車高を超えているので、トラックが横を走り抜けても電波は変化なく聞こえます。盗聴器の電波が途切れなかった場合は、周囲の建物を見て総合的に判断しましょう。

盗聴調査でクラクションを鳴らす

盗聴調査で電波の発信源の近くにいながら決定打がない場合は、思い切った策に出ましょう。クルマのクラクションを鳴らして、仕掛けられている盗聴器に音を拾わせるのです。

受信機から聞こえてくるクラクションの音量で、自分の現在位置と発信源との距離感をつかみます。ただし、日中ならまだしも夜間にクラクションを連打するワケにはいきません。基本的に1回限りのワザです。

幹線道路が近い場合は、オートバイが立てる大きな音が盗聴調査に使えます。盗聴器に飛び込んだ爆音が受信機から聞こえてきた時、すぐにイヤホンを外して、オートバイの音がどの方角から聞こえてくるのか確認するのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事