ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器が発見される場所は一般家庭ならリビング

会話にいなかっただけで、周りのママ友たちから何をいわれているのか気になる主婦が増えているとか。そのためか、近年は一般家庭で盗聴器が発見されるケースが増加。そして、盗聴器が発見される場所は一般家庭ならリビングです。それはママ友同士の軋轢が原因だったのでした。



スポンサーリンク
盗聴器が発見される場所は一般家庭ならリビング

盗聴器が発見される理由は情報収集

一般家庭で盗聴器が発見されるケースが昨今、増加しているようです。最も盗聴器が発見される場所はリビング。次いで寝室で発見されるケースも多いといいます。

リビングで盗聴器が発見される理由は、最も人が集まりやすい場所で情報を収集しようとしているからです。寝室で発見される盗聴器は愉快犯のケースが多いといいます。

また、夫の浮気調査など身内間で仕掛けられた盗聴器が発見されるケースが根強くある一方、最近はママ友同士のトラブルで盗聴器が仕掛けられるケースが増えています。

盗聴器が発見されるのはリビング

「会話にいない人のウワサ話をしたら翌日、その人に会話の内容をいい当てられた。これは盗聴されているに違いない」と相談してくる人が結構いるといいます。

お金持ちに限らず、ごく普通の一般家庭の方も少なくありません。そういう場合は、来客が集まるリビングで盗聴器が発見されることがほとんどです。

何かと子供同士を比較してしまったり、構築が難しいといわれるママ友の人間関係には疑心暗鬼が生じやすいそうです。まさに、現代人特有の病理ともいえるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「盗聴器発見」おすすめ記事
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器発見のプロは家族の盗聴が増えると予測
盗聴器発見の最終段階はアンテナ感度を下げる
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器を発見したら左折して発信場所を絞り込む

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事