ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

空き巣がマンションを狙うときの4つのポイント

玄関の鍵1つで戸締りが完了するマンションは、一戸建てに比べて空き巣に狙われにくいと思っている人が多いようです。最近ではオートロック付きも増えていて、まずます空き巣に狙われにくいと思っていませんか? そんな心の隙を空き巣は見逃さないのでした。



スポンサーリンク
空き巣がマンションを狙うときの4つのポイント

空き巣は「高層階=金持ち」と認識

設備が整ったアパートやマンションでも油断はできません。オートロックが付いていても簡単に侵入でき、入れなかったとしても隣の住宅や電信柱、雨樋を利用してベランダに侵入することも可能です。

また、高層階に住んでいる人も要注意。上へ行けば行くほど防犯意識が薄まる上に、「高層階=金持ち」という空き巣側の認識もあるため、ターゲットにされやすくなってしまいます。

そして、単身者や女性専用の集合住宅も狙われやすい傾向に。留守にしがちだったり、「女性専用だから安心だ」と過信することで防犯意識低下につながってしまうようです。

空き巣の4つの狙い目ポイント

じつは、空き巣がマンションに侵入するときの4つの狙い目ポイントがあります。1つめは「2階または最上階」、2つめは「オートロック付きマンション」です。3つめは「夜でも洗濯物が干しっぱなし」、4つめは「窓がクレセント錠+普通のガラス」といいます。

どちらにせよ、集合住宅に住んでいる人は一軒家と同じように、「自分の部屋は自分で守る」という考えが大切。適切な防犯対策が必要になります。

マンションの設備に頼りきってはイケマセン! この情報は『ラジオライフ』2014年5月号に掲載されていました。

■「空き巣」おすすめ記事
窃盗の大部分は「空き巣」いますぐ防犯対策
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
空き巣がターゲットの一軒家を選ぶ5つの狙い目
オートロックマンションは空き巣に狙われやすい
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた
空き巣対策は玄関よりも窓!ガラス破りにご用心

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事