ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

空き巣がターゲットの一軒家を選ぶ5つの狙い目

数ある家の中から空き巣がターゲットとなる一軒家を選び出すときには、実績に裏打ちされた狙い目ポイントをチェックします。その手口がわかれば、空き巣に狙われにくい一軒家にもなれるということ。さっそく、空き巣が使っている5つの狙い目ポイントを見ていきましょう。



スポンサーリンク
空き巣が一軒家を選ぶ5つの狙い目

空き巣は人目の多いところは避ける

1つめの狙い目ポイントは「独身または核家族の家」です。留守が多い独身はもちろん、核家族も狙い目といいます。都心では共働きの夫婦が多くて、家を留守にしがち。逆に、空き巣は大所帯の家はほとんど狙わないとか。

2つめの狙い目ポイントは「通りから敷地内が見えにくい」です。空き巣が下見でまず目星を付けるか付けないかは、ここで決まります。

ひと気がなくて、さらに敷地内が高い塀や木で囲まれているのがベスト。空き巣は周りを気にせずピッキングやら窓破りに専念できるのは気が楽といいます。逆に簡単に家に侵入できそうだと思っても、人目の多いところは避けるのです。

3つめの狙い目ポイントは「2階に登れる足場がある家」。上の階に行くほど防犯意識が薄まる…というのが空き巣界の常識です。2階はカギを空けっ放しにしてる人が多いといいます。外に室外機や物置があれば、空き巣はそれらを伝って簡単に2階まで登れるから楽勝なのだとか。

空き巣が簡単にサムターン回し

空き巣の狙い目ポイント4つめは「ディスクシリンダー錠を使っている」です。大小のくぼみがあるディンプルキーではなく、昔からあるディスクシリンダー錠を使っている家はピッキングで入れてしまうといいます。

さらに、ドアに郵便ポストが付いてる家はもっと楽勝なのだとか。ポストの隙間から、空き巣が簡単にサムターン回しできてしまいます。ちなみにサムターンとは、ドアの内側にある指でつまんで施錠する部品のことです。

5つめの狙い目ポイントは「換気目的で窓や扉を開けている」です。玄関や窓のカギは閉まってても、トイレや風呂場の窓、勝手口の扉は換気目的で空いてることが多いもの。

特にこういった場所は死角になってることが多いから好都合なのだと空き巣はいいます。この情報は『ラジオライフ』2014年5月号に掲載されていました。

■「空き巣」おすすめ記事
窃盗の大部分は「空き巣」いますぐ防犯対策
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
空き巣がマンションを狙うときの4つのポイント
オートロックマンションは空き巣に狙われやすい
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた
空き巣対策は玄関よりも窓!ガラス破りにご用心
ディンプルキーの合鍵を画像から自作する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事