ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視

一軒家でもアパート・マンションでも、どこに住んでいても防犯対策に油断はできません。特にひと気のない一軒家や、アパート・マンションの2階または高層階に住んでいる人は、その時点で空き巣被害の予備軍。そこで、今すぐできる空き巣の防犯対策をご紹介します。



スポンサーリンク
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイント

窓のカギ付近に防犯フィルムを貼る

防犯対策の1つめは「窓ガラスを防犯ガラスに変える」です。空き巣では窓のカギ周辺のガラスをバーナーなどで焼き切って、家に侵入するケースが多くなっています。

そのため、1番有効なのは窓を防犯ガラスに変えること。特殊素材が3層にもなった強靭なガラスで、ガラスが割れるとしてもかなりの時間を要します。

窓ガラスをすべて交換するのは金銭的に難しいなら、防犯フィルムを利用。窓ガラスに貼るだけで強度が上がります。窓ガラス全面ではなく、カギ付近だけに貼っても効果は期待できるでしょう。

防犯対策は侵入の手間を増やすこと

防犯対策の2つめは「カギを増設&ディンプルキーに変更」です。泥棒はより短い時間で簡単に入れる家を探しているので、侵入にかかる手間を増やしてあげれば防犯対策になります。

効果的なのはカギの増設。窓ガラスであれば、サッシに錠を追加しましょう。これだけで、窓破りにかかる時間が倍になるのです。玄関を強化するなら、ピッキングが困難なディンプルキーへの交換をオススメします。

防犯対策の3つめ「留守だと悟られないような工夫」です。深夜まで家を空ける場合、留守だと悟られないよう、キッチンなど1か所だけでもいいので、電気を付けておきましょう。また、電気メーターが外にある場合も留守だとバレてしまうので、同じような対策が必要になります。

防犯対策の4つめは「2階のベランダによじ上れないようにする」です。2階のベランダ付近に足場を作ってはいけません。物置や雨樋もその1つ。物置であれば移動させられるが、雨樋は動かせません。

そこで役立つのが、雨樋ガードグッズ。鋭い突起で雨樋へのよじ上りを防げます。この情報は『ラジオライフ』2014年5月号に掲載されていました。

■「防犯対策」おすすめ記事
窃盗の大部分は「空き巣」いますぐ防犯対策
窓の防犯対策はホームセンターですべて揃う
玄関ドアの鍵をガードするグッズで防犯対策
防犯カメラに小型の動体検知機能付き基板カメラ

■「空き巣」おすすめ記事
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
空き巣がターゲットの一軒家を選ぶ5つの狙い目
空き巣がマンションを狙うときの4つのポイント
オートロックマンションは空き巣に狙われやすい
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事