ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自衛隊イベントでのブルーインパルス演技を解説

自衛隊イベントではいつも人気のブルーインパルス。その演技はメインイベント的な位置づけです。そこで、ブルーインパルスの演技を完全解説。ここでは自衛隊イベントでの基本演技である第1区分27課目の21課目から27科目までを解説します。自衛隊イベントに行くなら要チェックです。



スポンサーリンク
自衛隊イベントでのブルーインパルス演技を解説

自衛隊イベント会場へ6機で進入

21課目は「デルタループ」。自衛隊イベント会場右手から6機がデルタ隊形で進入して、正面で宙返りを行います。デルタロールとともにブルーインパルスの大きな見せ場。シャッターチャンスでもあります。

22課目は「ボントンロール」。デルタ隊形でイベント会場に向かって飛んできた6機のT-4は、会場近くでスモークをオフにした後、一斉にエルロンロールを行います。無線の指示と合わせて見たい課目です。

23課目は「バーティカル・キューバン8」。5番機ソロの最後の課目。会場正面に垂直な8の字を描きます。バーティカル・キューピッドと同様、風によって形が崩れてしまい、8の字に見えないことも多い技です。

24課目は「スター・クロス」。5機が正面で垂直に上昇、大きな花を描きます。その後、5方向に分かれた各機が会場正面に戻り、大きな星のマークを作るのです。かなり広角のレンズがないと収まりきらないサイズになります。

撮影が難しい自衛隊イベントの大技

撮影が難しい自衛隊イベントの大技

25課目は「タック・クロスⅠ」。並んで進入してきた5・6番機が正面で交差します。これで終了かと思ったら、再び左右から進入し背面飛行で交差。キレイに撮影するのは難しい自衛隊イベントの大技です。

26課目は「ローリング・コンバット・ピッチ」。1~4番機が会場右手からダイヤモンド隊形で進入。会場近く1・4番機が背面飛行になり、続いて2・3番機も背面飛行に移り、正面を通過していきます。

27課目は「コーク・スクリュー」。背面飛行を行う5番機の周囲を、螺旋を描くように6番機がクルクルと回りながら会場正面に進入。3回半回ったところでこの2機も着陸態勢に入ります。(写真・文/星智徳)

■「ブルーインパルス航空ショー」おすすめ記事
ブルーインパルスの航空ショーの演技を完全解説
ブルーインパルス画像でアクロバット飛行を解説
自衛隊の航空ショー!ブルーインパルスの演技

■「ブルーインパルス」おすすめ記事
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスの1~6番機の役割を理解する
ブルーインパルスのスケジュールをチェックする

■「自衛隊イベント」おすすめ記事
自衛隊イベント!大阪から行ける本格的な航空祭
自衛隊イベント!後方支援部隊のオススメ基地祭
新田原基地の自衛隊イベントは早朝に開門する

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事