ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自衛隊基地で訓練飛行を撮影する時のマナーとは

2020年に続き、2021年の夏も航空祭の開催は不透明なまま。戦闘機が所属する基地の航空祭がスタートする秋までに、再開されればと願うばかりです。とはいえ、他力本願ではストレスは溜まる一方。そこで、自衛隊基地の周辺に出かけてパイロットの交信を聞きながら、目の前を飛んで行く戦闘機の勇姿を写真や動画に収めましょう。


自衛隊基地で訓練飛行を撮影する時のマナーとは

自衛隊基地で本来の厳しい訓練飛行

実際に自衛隊基地の周辺に出かけてみると、航空祭のようなお祭り感は一切無い、自衛隊本来の姿が厳しい訓練飛行を通じて、目と耳から伝わってきます。

航空祭は基地の一般公開日ですが、平時の基地には当然ながら入れません。基地の外周から滑走路、戦闘機が駐機しているエプロン(駐機場)やハンガー(格納庫)をのぞくことになります。

自衛隊の基地は国防上の重要な施設ですが、フェンスの周囲で離着陸する戦闘機を見たり、基地の施設を撮影することは問題ありません。

自衛隊基地はフェンス越し撮影はOK

ただし、アメリカ軍の基地は撮影禁止が明示されていたり、時には憲兵隊に一時拘束されることもあるようです。アメリカ軍の基地内は、日本ではないことは十分に肝に銘じておいてください。

自衛隊の基地をフェンス越しに撮影することは法的にOKですが、撮影する場所での振る舞いに問題が生じることもあります。どこの基地にも撮影に適した有名ポイントがあり、大勢のギャラリーが集まってきます。

そのような場所は、道路上や私有地であることも多く、「農地に入り込む」「ゴミを捨てる」「不法駐車」といった行為を、不快に思っている地元住民もいます。現地では良識ある行動を取ってください。“場所”を守るためには絶対に必要なことです。

■「自衛隊」おすすめ記事
89式装甲戦闘車が御嶽山に災害派遣された理由
自衛隊の災害派遣の多くの占めるのは陸上自衛隊
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?

■「無線」おすすめ記事
近くに空港がなくても航空無線が受信できる理由
タクシー無線の周波数をスキャンするコツとは?
JRの鉄道無線は3つの通信方式を使い分ける
覆面パトカー追尾や検問を警察無線から知る方法
ワイヤレスマイクの周波数は新規格に移行中

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事