ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネズミ捕りで違反車を取り締まる連携テクニック

有人式のスピード違反取り締まりは「ネズミ捕り」「パトカー(または白バイ)」「移動オービス」に分類できます。この中でも1番厄介なのは、警察官たちが徒党を組んで実施するネズミ捕りです。ネズミ捕りがどのように行われているのか、警察官の連係テクニックを見ていきましょう。



スポンサーリンク
ネズミ捕りで違反車を取り締まる連携テクニック

ネズミ捕りの現認係は死角に待機

ネズミ捕りはパトカーや白バイによる個別捕獲と比べて、時間あたりの捕獲数で比べものにならぬほど効率的。さらに、光電センサーを使えば、レーダー探知機による探知も不可能となります。

ネズミ捕りは「現認係」と「停止係」「サイン会場」がセットで行われます。まず現認係は送受器を操作する警察官。白バイ隊員だったり女性警官だったりとさまざまです。

計測器の傍らに待機して機器操作を行う現認係は、椅子に座ってじっとしているのが通常。違反を認めた場合は、その車両ナンバーや特徴を「11-11、青いプジョー」のように無線または有線で停止係に伝えます。

ネズミ捕りで停止係に誘導される先

現認係から違反車両のナンバーと特徴を聞いて「止まれ」と書かれた旗または誘導灯を持って、該当車両の目前に飛び出すのが停止係。停止係は最低2人で担当します。停止係のすぐ側には白バイが待機している場合がほとんど。制止に気づいてか気づかなかったかで“逃走”した車両を追うためです。

ネズミ捕りで停止係に誘導されて向かう先は、スピード違反のキップに署名する通称「サイン会場」。そこにあるのは長机とパイプ椅子など粗末なものがほとんど。簡易テントでも屋根があればラッキーです。

マイクロバスがサイン会場の場合もありますが、狭い車内は余計に惨めだとか。ネズミ捕りにかかったドライバーは、警察官と対峙する苦い時間を過ごします。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「ネズミ捕り」おすすめ記事
ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在
光電管式ネズミ捕りの測定装置に歴史あり
光電管式のネズミ捕りは誤動作の可能性アリ
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
ネズミ捕りは路肩にパイロンを見つけたら要注意

■「スピード違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
スピード違反取り締まり現場は5部体制だった
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事