ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察の特殊部隊には「SAT」と「SIT」がある

警察の特殊部隊といえば「SAT」を思い浮かべる人が多いはず。じつは警察の特殊部隊は「SAT」と「SIT」があります。そして、一文字違いの名称がらその役割には決定的な違いがあるため、その装備も大きく違っているのです。警察の特殊部隊について詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
警察の特殊部隊には「SAT」と「SIT」がある

警察の特殊部隊としてはSITが先

警察の特殊部隊としては「SIT」が先に設立されました。契機となったのは「吉展ちゃん誘拐事件」。この捜査の失敗を教訓に「誘拐捜査の専門班」としてSITは創設されました。

SITは「Sousa IkkaTokusyuhan」、つまり「捜査一課特殊班」のローマ字表記の頭文字から付けたもの。正式名称は「刑事部捜査一課特殊犯捜査班」です。捜査一課の所属になります。

SITの目的はあくまでも人質の安全と救出、そして犯人の逮捕。通信機器を駆使して犯人の情報を仕入れつつ、交渉・説得するという役目が重要となります。説得の任務を専門にするネゴシエーターという交渉役が存在するほどです。

特殊部隊SATは銃器など装備充実

同じ特殊部隊ながら混同されやすいのが「SAT」です。SITとSATの役割と目的は、大きく違います。SATは「警備部」の所属で、テロリストをはじめとする犯罪組織の制圧がその役目。場合によっては説得や交渉を省いた狙撃も可能です。

SAT設立は1977年の日本赤軍による「ダッカ日航機ハイジャック事件」が契機。1980年代に前身である「SAP(Special Armed Police)」が誕生。1995年の「全日空機ハイジャック事件」で初めてその存在が公となり、翌年にSAPからSATへ再編成されました。

SATの正式な名称は「特殊部隊」。英語表記の「Special Assault Team」から「特殊急襲部隊」とも呼ばれます。SATは機関銃や狙撃用ライフルといった高性能の銃器を装備し、防弾ヘルメットや防弾ベストなどの装備も充実しています。

SATの訓練は実践を想定しているため、自衛隊とも連携して銃の取り扱いや狙撃などの実戦訓練も行われているといわれています。SITにとって突入と狙撃は最終手段ですが、SATの場合は最初から火力による制圧が目的なのです。

■「特殊部隊」おすすめ記事
銃器対策部隊は全国の警察本部に配置されている
捜査一課の特殊部隊「SIT」の由来はローマ字
警察の特殊部隊「SAT」は高性能の銃器を装備
特殊部隊の装備として採用されている自動拳銃
特殊部隊の装備の要!身を守る各種プロテクター

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事