ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察の犯罪データが一元管理されるCIS-CATSとは

警察が新しい時代の犯罪に対応する動きとして、地域や地方を越えた犯罪情報の共有が始まったことが挙げられるでしょう。複雑化する犯罪に対処するため、全国の警察で犯罪データの一元管理が始まっています。実際、このシステムによって検挙につながった例もあるのです。


スポンサーリンク
警察の犯罪データが一元管理されるCIS-CATSとは

警察の緻密な犯罪情報をデータ共有

日本の警察組織は国家警察ではなく、地方警察制を採用しています。この制度は、国の意向によって捜査が左右されない、地元密着で緻密な捜査が可能になるなどが利点。しかし、一方で縄張り意識を生むという弊害も起こりがちです。そのため、地域によって情報が共有されにくいという状況も無きにしもあらずでした。

しかし、それらのデメリットを取り除き、よりスムーズな捜査が期待されるシステムが「CIS-CATS」(シスキャッツ)です。犯罪には、その手口などに共通点が見られることがあります。従って、警察の緻密な犯罪情報のデータを共有できれば、犯人の割り出しが容易になるケースもあるのです。

そのため、警察庁は犯罪統計などの捜査管理に関する情報の統合を行い、総合捜査情報システムを高度化。そうして構築されたのが情報分析支援システム「CIS-CATS」で、2009年までに数十億円をかけ、全国の警察組織で運用できるよう整備してきました。

警察の犯罪統計の不備を一気に解消

CIS-CATSの主な機能は、地理分析による犯罪発生状況の照会、個人・盗品・車両の照会、捜査写真やDNAの照会などです。全国で発生する事件の状況や数百万件にも及ぶ容疑者の手口をはじめ、ありとあらゆる情報がCIS-CATSにはインプットされ、管理・共有されています。

その特色は、一元化された照会機能です。従来なら過去の犯罪統計などは、各警察本部や所轄の持つコンピュータで個別に管理。担当者がそれぞれのコンピュータ端末で情報を集めていたわけですが、これでは膨大な手間と時間がかかります。しかしCIS-CATSなら、このような不備が一気に解消可能です。

実際、CIS-CATSによって検挙につながった例もあります。わずか1年の間に同じ手口の空き巣が30件も相次いだ事件では、CIS-CATSによって数人の怪しい人物が浮上。1か月で犯人を逮捕しています。警察捜査にもIT化が進み、刑事の勘や経験も共有されるハイテク捜査が現実のものとなっているのです。

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事