ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察犬も所属する鑑識課のお仕事は多岐にわたる

現場で腰を屈めてうずくまり、黙々と働く制服の捜査員。鑑識課員といえば、そんな地味なイメージがあるでしょう。しかし、どんな事件も起訴か不起訴の判断もしくは裁判で容疑者を有罪とするには、鑑識課の働きがないと成り立たないのです。しかも、警察犬も所属する鑑識課のお仕事は多岐にわたります。


スポンサーリンク
警察犬も所属する鑑識課のお仕事は多岐にわたる

鑑識課の検視官が変死を確認する

鑑識課は刑事部に属し、他の課とは独立しています。捜査第1課や捜査第2課の刑事などと立場は同じ。鑑識課は「足跡係」「指紋係」、現場をカメラで記録する「写真係」などの専門分野に分かれ、各々が職人のようなプライドを持っているのです。

しかし、小さな所轄では鑑識課員が1名か2名しかいないこともあり、その場合はすべての作業を少人数でこなすか、刑事も鑑識活動に加わることがあります。鑑識には初級・中級・上級の資格があり、警察学校で全員が初級の取得を義務付けられ、鑑識課員でない捜査員でも、ある程度の鑑識活動は可能です。

被害者の死因を見極める「検視官」という役職もあります。本来、死亡を判定するのは医師の仕事ですが、医師が死亡診断書を書けるのは、死亡から24時間以内に医師にかかっていた場合に限ります。

例えば自宅で亡くなった場合、前日に医者に行ってなければ「変死」扱いとなり、検視が必要です。そういった場合、検視官が死亡の種類を判定して事件性の有無を確認し、監察医が死因を認定するのです。

警察犬が所属しているのは鑑識課

鑑識課には他にも、モンタージュ写真を作る「特殊写真係」や指紋の照合をする「指紋照合係」などがあり、専門の機器や薬剤を使って作業を行います。また、鑑識課には「警察犬」も所属。「警察犬係」の主な任務は警察犬の管理と運用です。

警察犬の主な活動は、現場に残された遺留品の臭いから足取りを追ったり、行方不明になった人の臭いを辿り探し当てる「足跡追及活動」、遺留品の臭いと容疑者が一致するかどうかを調べる「臭気選別活動」、一定の地域内から人や物を探す「捜索活動」になります。

警察犬はシェパードが最も多く、他にはドーベルマン、エアデール・テリア、コリー、ボクサー、ラブラドール・レトリバーを日本警察犬協会が指定。また、普段は民間で飼育される「嘱託犬」があり、柴犬などの小型犬も含まれます。2015年には殺処分寸前で保護されたトイプードルの「アンズ」が茨城県警で採用されました。

■「鑑識」おすすめ記事
鑑識の仕事!立場は捜査一課の刑事と同じだった
鑑識が現場に駆け付けるのが刑事より早い理由

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ
警察用語でやどは留置場で別荘は刑務所のこと
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事