ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネズミ捕りによるスピード違反を避ける方法とは

警察官自らがスピード取り締まりを行う有人式は、無人式のオービスとは違ってまさに神出鬼没。油断したその瞬間に検挙されることも少なくありません。有人式にはいくつか種類がありますが、中でも特に気を付けたいのが「ネズミ捕り」。そこで、ネズミ捕りによるスピード違反を避ける方法を見ていきます。


スポンサーリンク
ネズミ捕りによるスピード違反を避ける方法とは

光電式のネズミ捕りは三角コーン

ネズミ捕りによるスピード違反の車速測定は、レーダー式と光電式の2種類があります。レーダー波を車両に狙い撃ちして、車速を計測するのがレーダー式。送受器と反射器の1対を2セットを路上に置いて計測するのが光電式です。

レーダー式によるネズミ捕りは、いわゆるレーダー探知機は反応します。しかし、それは警察官が狙い撃ちした瞬間。つまり、気づいた時には既に測定は終了していることになります。

光電式は送受器から発射された赤外線が、道路の逆側にある反射器で跳ね返されて再び送受器に戻る仕組み。目に見えない光の線を、クルマのタイヤが遮るタイミングで速度を計測します。光電式の場合、送受器を隠すために三角コーンを多用。路肩などに三角コーンがあったら、いつも以上に安全運転に努めるのが基本です。

ネズミ捕りの公開取り締まり情報

ネズミ捕りは、車速の計測する「現認係」と違反車両を止める「停止係」、そして違反キップにサインをする「サイン会場」の3部構成。現認係が隠れられ、停止係が突然飛び出しても危険ではなく、かつサイン会場が設置できるスペースがある道路となると、ある程度限られてきます。

具体的には「信号と信号までの間が長い直線区間」「頭上を高速道路などが走るアンダーパス」「長い陸橋」などで出没するケースが多い傾向にあるのです。また、都市部では交通量が少ない休日の午前、郊外では平日の日中が狙われます。

警察自身がネズミ捕りによるスピード違反の取り締まり情報を公開していることもあります。例えば、警視庁のホームページには「速度取締り実施場所」がPDFで掲載。地元の都道府県警のホームページはチェックしておきましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事