ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

速度違反のネズミ捕りはレーダー式か光電式

速度違反の取り締まりは大きく分けて、取り締まり現場に警察官がいない「無人式」と、取り締まり現場に警察官がいる「有人式」に区分できます。いわゆるネズミ捕りと呼ばれるのが有人式の速度違反取り締まり。そのネズミ捕りもいくつかの種類に分類されます。



スポンサーリンク
速度違反のネズミ捕りはレーダー式か光電式

レーダー波で速度違反を計測

有人式の速度違反取り締まりは、それぞれ速度違反を「レーダー波で計測」か「レーダー波以外で計測」かでさらに分類可能です。有人式でレーダー波で速度違反を計測しているのが「レーダー式ネズミ捕り」と「移動オービス(レーダー式)」になります。

レーダー式ネズミ捕りは、現認係の警察官がレーダー波によって速度違反を計測。違反車両は停止誘導係に停められて駐車スペースに誘導された後、サイン会場(車内の場合も)で違反キップに署名させられます。

移動オービス(レーダー式)は、レーダー式オービスを搭載した白いワンボックスカー。ベース車は、日産・キャラバンとトヨタ・ハイエース。後部の窓付近に設置され、速度違反の計測と撮影を行います。レーダー式の移動オービスの台数はあまり多くありません。

レーダー波以外で速度違反を計測

有人式でレーダー波以外で速度違反を計測しているのが「光電式ネズミ捕り」と「移動オービス(光電式)」です。

光電式ネズミ捕りは、道路に設置した2セットの「光電センサー」(送受光器と反射板)を使い、速度違反を計測。左路肩にパイロン(赤コーン)が不自然に置かれていれば、その後ろに計測係が潜んでいる可能性が高いのです。

移動オービス(光電式)は、道路に設置した「光電センサー」にて速度違反を測り、ワンボックスカーの車内に搭載したCCDカメラと赤外線ストロボで撮影。事前に察知するのは困難ですが、パイロンを目印とすれば回避できるかもしれません。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「速度違反」おすすめ記事
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説
スピード違反取り締まり現場は5部体制だった

■「ネズミ捕り」おすすめ記事
ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在
光電管式ネズミ捕りの測定装置に歴史あり
光電管式のネズミ捕りは誤動作の可能性アリ
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事