ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説

速度違反を無人で取り締まるのがオービスと呼ばれる自動取り締まり機。とはいえ、一概にオービスといっても車速をレーダー波で計測するか、レーダー波以外で計測するかで大きく分類できます。オービスの種類とその特徴を詳しく解説していきます。



スポンサーリンク
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説

レーダー波で車速を計測するオービス

スピード取り締まりは大きく分けて、取り締まり現場に警察官がいない「無人式」と、取り締まり現場に警察官がいる「有人式」の2タイプに区分できます。それぞれ車速を「レーダー波で計測」か「レーダー波以外で計測」かでさらに分類可能です。

無人式でレーダー波で車速を計測しているのが「レーダー式オービス」と「Hシステム」です。

レーダー式オービスは、レーダー波で車速を計測する昔ながらのタイプ。現在は他のオービスへ切り換えが進んでいますが、現役で稼働しているものも少なくありません。違反車両は、記録部のフィルムカメラで撮影します。

Hシステムは、白く正方形のハンペン型アンテナが特徴。赤外線ストロボとCCDカメラが両サイドに設置されています。レーダー式オービスと異なり、電波は断続的に発射。雪の多い北海道の主力です。

レーダー波以外で計測するオービス

無人式でレーダー波以外で車速を計測しているのが「ループコイル式オービス」と「LHシステム」になります。

ループコイル式オービスは、道路に埋め込まれた「ループコイル」で車速を計測し、違反車両は路肩や中央分離帯に設置された記録部のカメラで撮影。路上の白いラインが撮影ポイントとなっています。

LHシステムは、道路に埋設された「ループコイル」で車速を測り、違反車両をCCDカメラで撮影。カメラと赤外線ストロボは、F型やアーチ型の支柱に設置されています。現在のオービスの主流です。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「速度違反」おすすめ記事
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
速度違反のネズミ捕りはレーダー式か光電式
スピード違反取り締まり現場は5部体制だった
光電管式のネズミ捕りは誤動作の可能性アリ
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン

■「オービス」おすすめ記事
オービスは4種類!自動取り締まり機の基礎知識
レーダー式オービスは昔ながらの取り締まり装置
ループコイル式オービスを目視確認するのは困難
Hシステム見極めポイント「はんぺんアンテナ」
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事