ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Androidのセキュリティばかりが狙われる理由

サイバー犯罪者に最も狙われているのがAndroidのスマホです。セキュリティベンダーが発表したレポートによれば、スマートフォン向けマルウェアのうち、Androidを標的とした比率が96%を占めているというのです。なぜAndroidのセキュリティが狙われるのか、その理由を見ていきましょう。



スポンサーリンク
Androidのセキュリティばかりが狙われる理由

Androidのセキュリティを悪用する

なぜAndroidのセキュリティばかりが狙われるの1つの理由が、ユーザー数と市場シェアです。サイバー犯罪で多額の金を稼ぐには、多くのユーザーが利用するプラットフォームを狙うのが最も効率的。パソコンをターゲットにしたマルウェアの大半がWindows向けに作成、配布されている理由もここにあります。

Androidのセキュリティが狙われるもう1つの理由が、Android OSがオープンソースのOSであることです。システムプログラムの中身そのものが一般に公開されており、アプリの開発ツールも無償で配布されています。

オープンソースは誰でも自由にアプリを開発できてどんどん便利なアプリが生まれる土壌が作れるもの。その反面、悪意ある第三者にセキュリティ面の穴を探られるというデメリットもあります。一定水準以上のプログラミング技術を身に付ければ、誰もがAndroidのセキュリティを悪用するアプリを作成できてしまうのです。

Androidのセキュリティの危険性

Android向けに作られたアプリは、あらゆる方法で配布できる点も、サイバー犯罪者側のメリットになります。例えばiPhoneの場合、アプリを入手するためには公式のAppストアにアクセスする必要です。

Appストアで公開されているアプリはアップルの審査を受けているため、不正プログラムが混入することはまずありません。一方、AndroidはGoogle以外が運営する配布サイトは星の数ほどあり、個人のホームページで配布することも可能です。

つまり、Appleとは異なり、Googleの監視の目が届かないところで不正なアプリを配布可能。これがAndroidのセキュリティの危険性を高めているのです。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「Android」おすすめ記事
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
スマホを遠隔操作できるAndroidアナライザー
iPhoneのセキュリティがAndroidより高い理由
AndroidスマホのOSアップデートの問題点とは

■「セキュリティ」おすすめ記事
パスワード管理ソフトのオススメは「KeePass2」
ウイルスチェックを50以上のソフトで一括スキャン
無料のセキュリティソフトならAviraがオススメ
キーロガーはUSB型を設置されたら発見は困難
パスワード表示ソフトでアカウント情報が丸見え
無音カメラの動画版アプリはパスワードが2種類

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事