ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

VRコンテンツが無料で楽しめる無料アプリ4選

いま話題のVR(virtual reality)は、スマホを装着するVRゴーグルを用意すれば誰でも360度の動画や画像を手軽に楽しめます。そこで、VRコンテンツが無料で楽しめる無料アプリを紹介しましょう。いずれのアプリもiPhone版でもAndroid版も用意されています。


スポンサーリンク
VRコンテンツが無料で楽しめる無料アプリ4選

VRコンテンツに特化したサイト

「Googleストリートビュー」では、360度のパノラマ風景を提供しています。これらの写真は、スマホアプリ&VRゴーグルを使うことで、自分の視点に合わせてVR写真化。世界中の名所を疑似的にトリップできます。

Googleストリートビューで目的の場所の場所を地図表示。右上のVRアイコンをタップすれば、写真が2画面に分かれます。ラスベガスやサモア、イスラエルなど世界中の風景を楽しめます。

360度動画に特化したVRコンテンツ配信サイト「Littlstar」が、2016年9月より日本でもサービスを開始しました。ジャンルごとに分類されており、ミュージックコンテンツではメジャーなアーティストのライブ視聴も可能です。

画面左端を右にスライドさせると「ミュージック」など27種類のジャンルが表示。海外ミュージシャンのライブ映像がメインですが、今後は日本のコンテンツも増えていくであろう注目のサービスです。

GoProが運営するVRコンテンツ

「NYT VR」は、アメリカの新聞「ニューヨーク・タイムズ」が提供しているVRコンテンツ。全編英語ではあるものの、テロや宗教などの世界情勢を捕らえたムービーが揃っており、テレビのニュースとはひと味違います。

VRコンテンツはダウンロード、ストリーミング再生の2種類から選択可能。ダウンロードする場合は容量が大きいため、Wi-fi環境での利用を推奨します。登場人物の肉声なども収められており「今、世界で起きていること」をよりリアルに感じ取れるでしょう。

「GoPro VR」はウェアラブルカメラの代表メーカー・GoProが運営するVRコンテンツのプラットフォーム。スポーツ・音楽・ストリートなど、さまざまなシーンで撮影された迫力満点なVRコンテンツが配信されています。

VRコンテンツの映像を再生するには「HEADSET」ボタンをタップ。2画面に映像が分割されます。また、自分で撮影したVRコンテンツをアップロードできるのもポイントです。

■「VRコンテンツ」おすすめ記事
VRコンテンツが無料アプリで簡単に作成できた
スマホでVR動画を楽しむ方法は超カンタンだった

■「VR」おすすめ記事
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像
1,000円台から購入できるおすすめVRゴーグル
おすすめVRゴーグルはスピーカーの臨場感が違う
VRゴーグルはタイプによってコンテンツが違う
1,000円以下で本格的なVRゴーグルを作る方法
「THETA S(シータS)」がVRカメラとして大人気
Gear VRはスマホ連動で気軽に本格的なVR体験
VRゴーグルの自作は100均のルーペを流用する

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事