ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホ写真を勝手に転送して恋人を監視する手口

Googleフォトには、写真の自動バックアップ機能があります。これを使って自分のスマホに写真を転送させるという手口が恋人の浮気監視に使われているのです。写真にはExif情報も残っているため撮影場所も判明します。Googleフォトのバックアップで写真を自分に転送する方法を見てみましょう。


スポンサーリンク
スマホ写真を勝手に転送して恋人を監視する手口

Googleフォトで自動バックアップ

無制限に写真を保存できるフォトサービスが「Googleフォト」です。Googleフォトアプリには自動バックアップ機能があり、スマホで撮影した写真を自動でクラウド上に保存できます。

このバックアップ先をこっそり自分のGoogleアカウントに変更しておくと、恋人が撮影した写真がすべて自分に送られてくるようになというわけ。写真にはExif情報も残っているため、撮影場所を調べることも可能です。

実際に、スマホにGoogleアカウントを追加する手順を見てみましょう。まずはGoogleフォトアプリを開き、自分のアカウントを追加。アカウントを追加したら、「設定の変更」をタップします。

Googleフォトのバックアップ設定

ここで「モバイルデータ通信を使用してバックアップ」にチェックを入れておけば、撮影のたびに自分のスマホに転送されるのです。さらに、スマホのGoogleアカウント設定を開いて、自分のアカウントとの同期をすべてオフにします。

これで自分のアカウントを追加したことがわかりにくくなるというわけです。あとは、自分のスマホのGoogleフォトに、恋人のスマホに仕掛けたアカウントを登録。これで恋人が撮影した写真が転送されてくるのです。

気になる写真を見つけたら開いて、下部の「i」ボタンをタップすると、Exif情報が表示。撮影場所が記録されていれば、マップにその場所を記してくれます。気になる写真の撮影場所が判明するのです。Googleフォトアプリを使っている人はいま一度、設定を確認したほうがよいかもしれません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事