ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneにSuicaを内蔵する改造サービスがある

iPhoneユーザーの不満として多いのが電子マネーを搭載していないこと。仕方なくSuicaカードを入れられるスマホケースを利用している人も多いでしょう。そんな不満を解消するのがiPhoneの「電子マネーSuica内蔵カスタム」。Suikaの基板をiPhone内部に組み込むという改造です。



スポンサーリンク
iPhoneにSicaを内蔵する改造

Suicaの基板をiPhoneの内部に移植

iPhoneに欲しい機能の1つが、おサイフケータイ機能。それを具現化したサービスが「電子マネーSuica内蔵カスタム」です。iPhone研究所が実施しています。

カードの内部から、Suicaの基板とループアンテナを取り出し、iPhoneの内部に移植して、おサイフケータイのようにする改造です。価格は6,800円です。

iPhone本体にSuicaを内蔵しているので、iPhoneをかざせば電子マネーで自動改札を通れるようになるのです。人とは違うiPhoneを持ちたいなら利用してみては?

iPhoneにSuicaを内臓する改造

iPhone組み立てはSuicaの厚みを考慮

実際にiPhone6にSuicaを内蔵するカスタマイズ法を見ていきましょう。まずは専用ツールを使ってiPhone6から、ディスプレイを分離。ディスプレイ側に付いているシールド板を外します。

なお、Suicaカードは塩化メチレン(ジクロロメタン)に3~4時間浸けると、Suicaの基板部分が剥離可能。こうして取り出した、Suicaのループアンテナと基板を、電波干渉防止シートに貼り付けます。この時、ループアンテナの切断に注意しましょう。

ループアンテナ側をディスプレイ側に向けてセット。iPhoneの組み立ての際、Suica基板の厚みを考慮し、シールド板を強く締め付けないようにします。この情報は『ラジオライフ』2015年5月号に掲載されていました。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iOS7の新機能!便利なiPhone裏コマンド
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneの広告を消す方法!追尾広告とオサラバ
ペット写真をiPhoneで撮るなら「横撮りレンズ」
iPhoneを録音するならスマホ用レコーダー
iPhone4Sのバッテリー交換を自力でやる方法
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事