ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

元ゴト師がいまだから話すパチンコ荒稼ぎの手口

不正な方法でパチンコの出玉を大量に獲得して換金するゴト師。かつては年間被害総額5,000億円ともいわれ、現在は減っているといわれています。2000年代にゴト行為に手を染めていたという元ゴト師に、過去から現在に至るゴト事情を聞きました。



スポンサーリンク
元ゴト師がいまだから話すパチンコ荒稼ぎの手口

ゴト師が使っていた代表的な手口

ゴト師が使っていた手口はいろいろありますが、過去に流行った代表的な方法は4つ。「ガセ玉」「パッキーカード偽造」「チャッカーゴト」「磁石ゴト」です。

ガセ玉は、ジャケットの中に偽造の玉を隠しておいて、ヒモを引っ張ると袖から1箱分の玉が出てくるという方法。俺がゴト師を始めた頃に、中国人が集団でやってましたね。

パッキーカードの偽造は1990年代の手口で、偽造テレカと同じ要領。1万円のカードを2,000円くらいで入手できたみたい。今はサンド部分が、ジョイコインやICカード式になってるから不可能だけど。

初めてやったのはチャッカーゴト

最もメジャーなのが、針金を使用したチャッカーゴト。俺がゴト師として初めてやったのもコレです。パチンコ台の玉の出口に針金を侵入させて、チャッカーを無理矢理こじ開けて玉をガバガバ入れる方法。

湯水のように出玉が出てくるんですよ。だけど、数年前に対策済み。「右打ち」といってチャッカーを右にずらして針金が侵入できないようになっています。

磁石ゴトは、チューリップの正面にガラス越しから磁石をかざして、玉を吸い寄せる方法。現在はパチンコ台が磁波を感知するようになっていて、携帯電話を前に置いてるだけでも店員が注意してきます。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。

■「パチンコ」おすすめ記事
ATM手数料の節約にパチンコ店で現金を引き出す

■「ギャンブル」おすすめ記事
ギャンブルは還元率が高いほど勝てる率も上がる
闇カジノは3LDK程度の普通のマンションが会場
闇カジノで提供される飲食は食べ放題飲み放題
公営競技の「3連単」は競艇の当たる確率が高い
「馬王Z」開発者が語る競馬予想ソフトの実力
3連単全買いできる競艇レースの基本をマスター
チャリロトは高い当選確率で高額が狙える宝くじ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。