ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

デジタル簡易無線が1枚基板に集約できた理由

デジタル簡易無線の第2世代機における最新トップモデルが、JVCケンウッドの「TPZ-D553」。5W機ながらもコンパクトボディを実現しています。そんなTPZ-D553の小型化の秘密は内部の1枚基板設計です。デジタル簡易無線が1枚基板に集約できた理由を開発チームに聞きました。



スポンサーリンク
デジタル簡易無線が1枚基板に集約できた理由

デジタル簡易無線は機能に制限

TPZ-D553の特徴は、分解するとわかる1枚の基板に集約された部品配置です。基板1枚のコンパクトな設計は、どんなところを工夫したのでしょうか。「とてもシンプルな基板で、見た目にも大きな部品が減っています」と話します。

「セラミックフィルターなどがありません。それらの部品はIC化しました。フィルター、アンプ、復調器などIF(Intermediate Frequency:中間周波数)系の機能がICに入っています」とのことです。

「回路機構として1番大きな部分がIC化されたことで、トータルで1/3くらいの部品点数で済みました。デジタル簡易無線登録局機は機能に制限があるので、小さなICでも十分処理できる」というわけです。

デジタル簡易無線の送受信周波数

デジタル簡易無線登録局の送受信周波数帯も、1枚基板に影響を与えています。「業務機は送受信の周波数範囲が広いので、VCO(Voltage Controlled Oscillator:電圧制御発振器)を送信系と受信系に分ける」のが通常です。

しかし「デジタル簡易無線登録局機は送受信周波数が351MHz内と狭いため、送信系と受信系のVCOを1つにまとめました」といいます。

また「業務機の場合、送信周波数とローカル周波数の差が100MHzくらいあります。デジタル簡易無線登録局機は50MHzくらいなので、VCOも1つで済むのです。ここでも部品は3割ほど減らしています」と話します。

■「デジタル簡易無線」おすすめ記事
デジタル簡易無線登録局は第2世代に突入した
デジタル簡易無線登録局を始める手続きと費用
ケロケロ音が減少したデジタル簡易無線登録局機
デジタル簡易無線登録局の専用ボディで小型化
デジタル簡易無線の包括申請は意外に簡単だった
デジタル簡易無線で5W送信と小型化を両立した
デジタル簡易無線で忘れてならない開設届の提出
TPZ-D553は第2世代デジ簡登録局機の最新モデル
VHF帯エアーバンドにデジ簡登録局用アンテナ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事