ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

一眼レフ初心者が知っておくべき露出4ポイント

エントリークラスの一眼レフカメラには、ほとんどの設定をカメラに任せて撮影できるプログラムモードが搭載されています。が、それじゃコンパクトデジカメやスマホで撮影してるのと変わりありません。そこで、一眼レフ初心者が知っておくべき露出の4つのポイントを説明します。



スポンサーリンク
一眼レフ初心者が知っておくべき露出4ポイント

一眼レフ初心者には露出が重要

カメラに任せてしまっていた部分を少し変えるだけで、撮影した写真は格段に変わってきます。デジタル一眼レフなら、その変化を効果的に写真に活かせるのです。

ここでは、一眼レフ初心者が知っておくべき、写真の仕上がりで最も重要といえる露出(=写真の明るさ)に関わる4つのポイントを説明していきましょう。

一眼レフ初心者の基本1つめは「F値」です。レンズには「絞り」と呼ばれる光が通る量を調節する機構があります。これを調整することでピントが合う範囲(=被写界深度)が変化。その度合いを示すのがF値です。Fの数字が小さいほど光が通り、狭い範囲にしかピントが合わず、ボケを活かした撮影ができます。

一眼レフ初心者の基本とは?

一眼レフ初心者の基本2つめは「シャッタースピード」です。シャッターが開いている時間を決められるのがこの項目。シャッタースピードが速ければ一瞬の動きを捕らえられます。その分、撮像素子に届く光の量が少なくなり、暗い写真になるので、F値を下げて、より多くの光がレンズから入るようにしましょう。

一眼レフ初心者の基本3つめは「ISO感度」です。撮像素子がどのぐらいの光で適正な露出を得られるかという指標。ISOの数字が大きくなれば、少ない光でも明るい写真が撮れます。少ない光で速いシャッタースピードを確保し、帳尻を合わせるワケです。ただし、感度を上げるとノイズが増えるというデメリットも…。

一眼レフ初心者の基本4つめは「露出補正」です。カメラは入ってきた光を総合的に判断しているのですが、例えば被写体に白っぽいものが多い場合は写真ではグレーっぽい明るさになってしまいます。これを補ってあげるのが露出補正。カメラ判断の露出から明るくしたり、暗めにするなどの調整ができます。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。(写真・文/星智徳)

■「一眼レフ初心者」おすすめ記事
カメラレンズの種類を知って脱・一眼レフ初心者
一眼レフとミラーレスは動く被写体で差が出る
カメラ初心者は必見!基本スペックを理解しよう
手ぶれ補正の光学式とデジタル式の違いとは?
写真の撮り方を伝授!一眼レフ初心者を脱出セヨ
撮り鉄に学ぶ美しい鉄道写真を撮るポイント4つ
撮り鉄入門!駅撮で絶対守るべき4つの掟とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事