ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

BSアンテナをベランダに設置する手順を大公開

BSアンテナを設置する手順は、設置場所を決める→取り付け金具を固定→コンバータを取り付けBSアンテナを設置→ケーブルを室内へ配線→BSアンテナを調整といった流れです。地デジに比べBSアンテナ設置の調整はシビアなので、悪天候や厚い雲に覆われている時は避けましょう。



スポンサーリンク
BSアンテナをベランダに設置する手順を大公開

BSアンテナの設置は工具1本で可能

まずは、BSアンテナ設置に適している場所を探します。それは、南南西に空が開けている場所。14時頃に太陽がある方向です。スカパー!の公式サイトでは、住所を入力すると自動で判明するので利用しましょう。

設置場所を決めたら、アンテナの取り付け金具をベランダの柵などに固定します。BSアンテナの設置作業は、付属の工具1本で可能です。取り付け金具が地面と水平に、支柱が垂直になるように水準器でチェックします。

なお、BSアンテナの設置が高所の場合、工具やパーツを地面に落下させないように気を付ける必要があります。落下が心配なら、一時的に落下防止用のヒモを付けて作業すると安心です。

コンバータにアームをつなぎ、アンテナマウント部と接続すれば、アンテナ本体が完成。家庭用の衛星アンテナは、コンバータにフィードホーンが一体化しているためシンプルです。

BSアンテナの設置で上下方向は最後

既に柵に固定されている取り付け金具のマストに、アンテナ本体をツメで止まるまで挿し込みボルトを仮り締め。マストの中間にアンテナを設置する際は、ペンチでツメを折り曲げます。

付属の同軸ケーブルをコンバータに接続し、防水キャップの上にビニールテープを下から上に向かって巻いていきます。室内へのケーブル引き込みは、既存のエアコンダクトの穴を利用するのが便利。元々あったパテに穴をあけ、ケーブルを通したら、隙間の部分を用意したパテで埋めます。

最後はアンテナの向きの調整です。仰角は38度のBSデジタルで受信レベルを確認します。おおまかに南南西に向け、左右方向にのみ数mmずつ刻みで振り、映像が映ったらBSのチャンネルで受信レベルを最大値に合わせるのです。それから、仰角を微調整します。

BSアンテナの設置は、マストが垂直で適切な仰角となっていれば、上下方向の微調整は最後に行います。まずは左右に少しずつ振り、受信レベルを確認していくのが基本です。この情報は『ラジオライフ』2015年11月号に掲載されていました。

■「BSアンテナ設置」おすすめ記事
BSアンテナの室内スタンドでこっそり楽しむ
BSアンテナを設置するならマルチ衛星アンテナ
BSアンテナ設置を1人でやるレベルチェッカー
衛星放送の受信が可能かわかる「BSコンパス」

■「アンテナ」おすすめ記事
地デジアンテナ大実験!遠距離受信に挑戦した
家庭用の地デジアンテナで長野からフジを受信
地デジアンテナは20素子が最も安定して高感度
地デジアンテナの遠距離受信の定番テクニック
盗聴器発見の最終段階はアンテナ感度を下げる
Hシステム見極めポイント「はんぺんアンテナ」

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事