ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニエンスストア5大チェーンの基礎知識

コンビニエンスストア5大チェーンといえばセブン-イレブン、ローソン、ファミマリーマート、サークルKサンクス、ミニストップです。コンビニエンスストア業界は大手による中堅チェーンの吸収・合併など統廃合が進行中です。そこで、各チェーンの特徴や今後の動向を見ていきましょう。



スポンサーリンク
コンビニエンスストア5大チェーンの基礎知識

コンビニエンスストア5大チェーン

コンビニエンスストアとひと口にいっても、その成り立ちや特徴はさまざまです。そこで、まずは押さえておきたいコンビニエンスストア5大チェーンの基本情報を紹介しましょう。

セブン-イレブンは1974年、東京・豊洲に1号店オープン。高い商品力で業界No.1シェアを誇っています。PB商品のセブンプレミアムは常に新商品を展開し、コンビニPBの草分けとなりました。1日60分×3回利用できるWi-Fiサービスも便利です。

元々アメリカのミルクショップのローソンは、1975年に大阪府豊中市に日本1号店をオープンし、関西を中心に全国展開。「マチのほっとステーション」としていち早く地域密着をうたい、トイレ設置や道案内をスタートしました。

1973年に日本発のコンビニストア

ファミリーマートは1973年に日本発のコンビニストアとして、西友が埼玉県狭山市に1号店をオープンしました。早い時期から他業種である無印商品を導入し、PBはファミコレなどを展開。現在は「俺の」シリーズで男性向けのスイーツにも力を入れています。

サークルKサンクスは、アメリカの雑貨屋から始まったサークルKと、長崎屋CVSのサンクスが2004年に合体。中京地域を中心に展開しています。スーパーマーケットのユニーなどのPB商品「スタイルワン」を導入し、本格スイーツや惣菜が人気です。

ミニストップは1980年に神奈川県大倉山にジャスコ(現イオン)が1号店をオープンしました。イートインスペースを先駆け、店内調理やパフェが充実。現在はイオンのPB「トップバリュ」を展開し、安価なビールや惣菜が好評です。この情報は『ラジオライフ』2015年12月号に掲載されていました。(文/橘千尋)

■「コンビニエンスストア」おすすめ記事
コンビニエンスストアの今後はどうなっていく?

■「コンビニ」おすすめ記事
顔認証システムがコンビニの万引き被害を防ぐ
コンビニATMの手数料をタダにする方法がある
コンビニの写真プリントならデイリーヤマザキ
コンビニ弁当を豊富な在庫から選べる時間帯とは
コンビニは店舗数も売上もセブンが圧倒的な1位
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
コンビニのWi-fiで一番飛ぶのセブンだった
コンビニ各社のおすすめ商品をまとめて紹介!

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事