ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

カセットテープをデジタル化してSDカード録音

カセットテープは何度も再生していると次第に劣化して音質が悪くなってしまうもの。そこでカセットテープは問題なく再生できるうちにデジタル化しておきましょう。カセットテープのデジタル化には、SDカードに録音ファイルを保存できるラジカセを使うのが最もお手軽です。



スポンサーリンク
カセットテープをデジタル化してSDカード録音

カセットテープをデジタル化する手順

CFD-RS500はカセットテープだけでなく、CDやラジオもデジタル化が可能。現代版CDラジカセといったところです。実勢価格は20,365円ですが、1台あれば何かと重宝するでしょう。

カセットテープをデジタル化する手順は、CFD-RS500にSDカードを挿入して録音を開始してからカセットテープを再生するだけ。楽曲の再生が終わったら録音を停止して完了です。

これでSDカードにMP3ファイルが保存されているはず。「メモリーカード」モードに切り替えて再生してみましょう。また、SDカードをPCに挿入すればMP3ファイルを取り出すことができます。

カセットテープのデジタル化が完了

カセットテープをデジタル化する具体的な手順です。まずCFD-RS500にカセットテープと、SDカードをセットしたら、テープモードになっているのを確認して、SDカードスロットの右横にある「録音」ボタンを押します。

カセットテープの再生ボタンを押すと録音開始。楽曲が終わったら停止ボタンを押して停止します。これでカセットテープのデジタル化が完了しました。

録音が終わったら、「メモリーカード」ボタンを押してSDカードモードに切り替え。SDカードに楽曲が保存されているのが確認できるので、目的のファイルを選択して再生してみましょう。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「カセットテープのデジタル化」おすすめ記事
カセットテープをデジタル化する「CFD-RS500」
カセットテープのデジタル化でUSBメモリ保存

■「カセットテープ」おすすめ記事
カセットテープ懐かしのCMも見られるTDK歴史館

■「デジタル化」おすすめ記事
レコードをデジタル化する機器が通販番組で人気
写真をデータ化するなら「MG5630」が効率よし
フィルムスキャナーはPCなしでJPEG化できる
アナログレコードを高音質でデジタル化する方法
ビデオテープをPCなしでMP4ファイルにする方法
ビデオテープのデジタル化は直接ダビングが基本
8ミリビデオを簡単にデジタルダビングする方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事