ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ビデオテープを直接SDカードにデジタル化する

VHSのビデオテープなどのアナログメディアは早くデジタルデータとしてバックアップしておきたいもの。VHSビデオデッキはすでに生産終了のため、早急にデジタル化しなければなりません。PCを持っていない人や、PC操作が苦手な人がアナログメディアをデジタル化するならキャプチャボックスがオススメです。


ビデオテープを直接SDカードにデジタル化する

ビデオテープをSDカードにデジタル化

PCなしでもビデオテープなどのアナログメディアをSDカードにデジタル化してバックアップできるのが「キャプチャボックス」です。キャプチャボックスは細かい設定項目などがなく、物理ボタンによる操作は至ってシンプル。再生機器とコンポジットケーブルで接続しすれば準備完了です。

アイ・オー・データ機器のキャプチャボックス「アナレコGV-SDREC」は入力端子がコンポジット×1、S端子×1、出力端子がHDMI×1。サイズ/重さは139W×60H×32Dmm/約150g、実勢価格は13,824円になります。

ダビングした動画は、MP4形式でSDカード(USBメモリ、USB接続のHDD)に保存され、さらに別のメディアにそのままコピーすることも可能。モニター用にテレビとHDMIケーブルで接続できます。

ビデオテープをデジタル化する方法

ビデオテープをデジタル化する方法は、キャプチャボックスの録画ボタンを押したら、アナログプレーヤーでビデオテープを再生するだけ。「シンクロ開始」をオンにしておくと、映像信号を検出して自動で録画を開始・終了することも可能です。

録画ボタンをもう1度押したらダビングは終了。MP4形式でSDカードに保存されるので、スマホでの視聴にも最適。MP4をDVDに焼く場合は、フリーソフト「FREE WinX DVD Author」などで変換して作成しましょう。

このキャプチャボックスは再生機としての機能も備えており、いちいちDVDに焼かなくてもSDカードのままテレビで視聴可能。再生時は画像補正と手振れ補正で劣化した映像を見やすくする機能も搭載しています。

また、PCを使わずともキャプチャボックスでビデオテープのデジタル化が可能なので、簡単に複数のバックアップを取ることも可能。SDカードやUSBメモリのほか、USB接続のHDDにも対応しているため、容量が大きくなっても問題ありません。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事