ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

電力自由化のメリット・デメリットを今こそ検証

いよいよ、2016年4月1日から始まる「電力自由化」。ネットやテレビでも盛んにプロモーションされているので、その言葉自体はおなじみではないでしょうか。そこで、電力自由化のメリット・デメリットを今こそ検証。電力自由化のメリットを手にするのは春以降でも遅くはないでしょう。



スポンサーリンク
電力自由化のメリット・デメリットを今こそ検証

電力自由化のメリット・デメリット

電力自由化とはその名の通り、電力会社を自由に選ぶことができる制度のこと。海外では既にポピュラーで、日本でも2000年から高層ビルや工場、2004~2005年には中小ビル、スーパーを対象に段階的に始まっていました。そして、ついに一般家庭や小売店も対象になります。

これまで、首都圏であれば「東京電力」というように、地域の電力供給は大手電力会社が独占的に販売。我々は自由に電力会社を選ぶことができませんでした。ところが電力自由化に伴い独占体制が崩れ、契約先を自由に選べるようになるのです。

「新電力(PPS)」と呼ばれる新規参入事業者も現れ、既存事業者も含めて顧客獲得のため、リーズナブルな新料金体系や、独自の付加サービスを展開する見通しです。そんな電力自由化のメリット・デメリットを見てみましょう。

電力自由化のメリットはお得な料金

電力自由化の最大のメリットは、魅力的な新料金プランが提供されていること。新電力はもちろん顧客離れを防ぎたい既存各社も、お得な料金体系やポイントサービスとの連携などを用意しています。

一方で、電力自由化のデメリットもあります。電力各社を比較するのに手間がかかったり、地域によって選べるPPSに違いがあったり、一部PPSでは契約手数料がかかったりすることです。

ただし、現時点ではサービスがハッキリしていない事業者もあるので、実際に決めるのは時期尚早。電力自由化のメリットを手にするのは春以降でも遅くないでしょう。この情報は『ラジオライフ』2016年4月号に掲載されていました。(文/大正谷 成晴)

■「電力自由化」おすすめ記事
電力小売自由化の切り替え手続きは意外に簡単
PPS(新電力)のエネルギー系サービスを比較
電力会社が電力自由化で用意したサービスを検証

■「電気代の節約」おすすめ記事
電気代を節約するための契約アンペアの適正人数
電気代の節約はグッズを使って楽しみながら実行

■「節約」おすすめ記事
水道代節約は便利グッズを使えばストレス知らず
ガス代節約はお風呂の追い炊きとサヨナラする
ガソリンスタンド検索アプリで1円でも安くする
ガソリン代がキャッシュバックされるクレカ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。