ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

制限を突破する「VPN」のメリットとデメリット

アクセス制限された動画を視聴できたりと、日本から海外サイトを使いこなすために欠かせないのが「VPN」です。VPNは「バーチャル・プライベート・ネットワーク」の略で、各プライベートネットワーク間を接続しているかのような専用線を設定し、仮想環境を作る技術のことです。今さら聞けないVPNのメリットとデメリットをまとめました。


制限を突破する「VPN」のメリットとデメリット

VPNのメリットは契約条件が海外価格

「VPN」は通信を暗号化することからセキュリティ向上のために使われることが多いのですが、もう1つ大きな利点があります。それは、アクセス元の偽装です。

VPN経由でアクセスするとアクセス元がVPNサーバのあるエリアに変更されるため、エリア限定のサービスが利用できるようになるのです。

VPNのメリット1つめは、まず「セキュリティを向上させられる」があります。VPNでは通信を暗号化するため、セキュリティの向上が可能。フリーWi-Fiなどの利用時に使うと安心です。

VPNのメリット2つめは「契約・ショッピングが海外価格になる」があります。海外のVPNサーバに接続すれば、契約条件や販売価格がその国のものになるというわけです。

VPNのデメリットは通信速度の低下

VPNのメリット3つめは「海外専用の動画サイトが利用可能になる」ことです。日本からの利用を制限している動画サイトも、VPNでアクセス元の国を偽装すれば利用できるようになります。海外限定公開作品が閲覧可能になるのです。

一方、VPNのデメリットとしては「通信速度が低下する」があります。VPNサーバを経由するため、どうしても通信速度は低下してしまうのです。

VPNのデメリットには「安定したサービスは有料」という点もあります。通信品質がある程度担保されるVPNは、基本的に有料となるのです。(文/中谷 仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事